食べる

宇部にアイリッシュパブ「グラスホッパー」 「ギネスビール」をたる生で

「ギネスビールとカクテルの両方を楽しめるのが持ち味」とオーナーの原裕さん

「ギネスビールとカクテルの両方を楽しめるのが持ち味」とオーナーの原裕さん

  •  
  •  

 宇部・松島町に2月14日、アイリッシュパブ「グラスホッパー」(TEL 0836-43-9464)がオープンした。

「ギネスビール」が飲めるパブ

 アイルランド風の「カジュアルなバー」をコンセプトに、宇部市内でバーテンダーの経験を積んだ原裕さんが開いた同店。海外のクラフトビールを中心に、カクテルやフードメニューを提供する。

[広告]

 JR宇部新川駅やANAクラウンプラザホテルにも程近い市街地に出店し、「ビジネス層をメインに、一人でふらっと寄れる店」(原さん)を目指す。22席を設ける店内は、レンガ調で本場アイルランドの雰囲気にこだわる。オープンから約1カ月がたち、原さんの以前の勤務先の常連客から口コミが広がり、連日幅広い世代でにぎわいを見せる。

 アイルランドの老舗ブランド「ギネス」のたる生ビール(700円)を県内で唯一取り扱い、早くもビールファンの注目を集める。そのほかベルギー産「デュベル」など数種類の海外ビールも専用グラスで提供し、飲み比べを楽しめる。

 「お酒好きが高じて独立に至った。フレッシュフルーツの本格的なカクテルが提供できるのもバーテンダーならでは。パスタやオムライス(各900円)など食事も提供できるので、『1軒目』でも『2軒目』でも、自由な使い方で楽しんでほしい」と原さん。

 「『パブ』は元々『パブリック(公共、大衆)』の意味。堅苦しくなく、知らない人同士で気軽に交流できる『出会いの場』や『憩いの場』になればうれしい。本格派のビールやカクテルを、安く楽しく味わってもらえれば」とも。

 営業時間は18時~翌2時(日曜は翌1時まで、金曜・土曜は翌3時まで)。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ