見る・遊ぶ

新山口駅で「えきの笑顔まつり」 駅刷新1周年記念、自由通路でマルシェも

昨年の駅前広場オープニングイベントの様子(提供写真)

昨年の駅前広場オープニングイベントの様子(提供写真)

  •  

 新山口駅北口駅前広場で3月21日、駅リニューアル1周年記念イベント「えきの笑顔まつり」が開かれる。主催は山口観光コンベンション協会。

「2019個の餅まき」も

 山口市とJR西日本が進めてきた「新山口駅ターミナルパーク整備事業」により2018年3月22日にリニューアルオープンした駅前広場を活用するイベント。県の中心地のにぎわい創出や駅の利用拡大を図る。

[広告]

 「山口祇園祭 祇園囃子(はやし)」や「徳地人形浄瑠璃」など郷土芸能のステージをはじめ、歌手・安田レイさんのライブ、駅のリニューアルに合わせて開設されたFM山口のサテライトスタジオ「ゼロスタジオ」での公開生放送などが行われる。イベントの最後には、2019個の餅をまく「空舞うもちまき2019」も予定する。

 南北自由通路ではJR西日本主催の「ヤマサチマルシェ」も合わせて開催。カフェや雑貨、パン店など県内の約30店舗が集い、地元産食材などを通じて「山口の海の幸・山の幸」を提供する。

 新幹線口1階の待合所「しんやま まちあい」では、JR西日本と山口地ビールによる「ビアイベント」が11時から19時まで行われ、地ビールを楽しむことができる。

 同協会の担当者は「地元の人のほか、駅を利用する観光客にも楽しんでもらいたい。地域のターミナルとして、交通面だけでなくイベントの開催でも街のにぎわい創出に一役買えれば。来年以降も継続して行う予定」と話す。

 開催時間は11時30分~15時。問い合わせは山口観光コンベンション協会(TEL 083-933-0088)まで。

ピックアップ

ピックアップ