3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

SNSやウェブサイトで山口宇部エリアのテークアウト情報、飲食店支援広がる

「宇部未来会議」が作成したフェイスブック・グループページ「宇部市テイクアウト情報」

「宇部未来会議」が作成したフェイスブック・グループページ「宇部市テイクアウト情報」

  • 30

  •  

 新型コロナウイルスの影響を受け、山口宇部エリアでテークアウト・デリバリーを行う飲食店を紹介・応援する動きがSNSやウェブサイトを中心に広がっている。

 若者ボランティアサークル「宇部未来会議」は、宇部市近郊の飲食店支援を目的としたフェイスブック・グループページ「宇部市テイクアウト情報」を立ち上げた。食に関する情報であれば、居酒屋やパン店などジャンルを問わず投稿でき、飲食店による自社商品のテークアウト・デリバリー情報を紹介する。宇部市内のほか、山陽小野田市や山口市阿知須などの飲食店が対象。

[広告]

 藤重雅明会長は「飲食店の現状は本当に大変で、閉店を検討している店もあると聞く。個性豊かな飲食店は街の魅力として絶対に外せないし、なくなるのは大きな喪失。飲食店が減少し、街の魅力も低下するという負のスパイラルに陥らない事を願い開設に至った。このページをきっかけに多くの方に利用してもらい、各店の味を楽しみながら支援してもらえれば」と話す。

 インスタグラムでは、飲食店それぞれがテークアウト情報を続々と投稿している。ハッシュタグ「#宇部テイクアウト」「#山陽小野田テイクアウト」で検索すると、飲食店が投稿したテークアウト情報を見ることができる。

 このほか、山口県全域を対象にテークアウト情報を提供する「お家レストラン山口」や、2千人以上が参加するフェイスブック・グループページのほか、各店の情報を地域別やジャンル別に検索できるウェブサイト、各店の投稿をリポストしてまとめたインスタグラムがある。

 山口商工会議所は、山口市内飲食店の情報をまとめたウェブサイト「テイクアウトde山口」を作成し、各店の紹介やテークアウト・デリバリー情報を掲載している。

Stay at Home