天気予報

23

18

みん経トピックス

宇部で初の「ぱん穀博覧会」まんじゅう店内にラーメン店

宇部の非会員制ジムが1周年 マシン充実、利用者2万7000人上回る

宇部の非会員制ジムが1周年 マシン充実、利用者2万7000人上回る

午前中からにぎわいを見せるジムの様子

写真を拡大 地図を拡大

 ユーピーアールスタジアム(宇部市野球場、同恩田町4)の非会員制のトレーニングジムが2月16日、オープンから1年を迎えた。運営は宇部市体育協会。

県内では同ジムにしかない器具も

 市民の体力・健康づくりを目的に開設した同ジム。今年2月14日までの約1年間で2万7534人が来館した。利用者の増加に伴い、昨年9月からランニングマシン2台と広背筋を鍛えるウエイト式トレーニングマシン1台を増やし、ストレッチコーナーは1.5倍に広げた。

 口コミで情報が広まり、オープン4カ月後から来館者数が伸び始め、1日平均70~80人が筋肉トレーニングや病後のリハビリ、リフレッシュなど、さまざまな目的で利用している。利用者が多い時間帯は、仕事帰りのビジネスマンが集う19時台。

 同ジムは時間無制限で利用でき、平均1時間30分~2時間の利用が多い。「マシンの連続利用は30分まで」「マシンについた汗などは各自で拭き取る」「室内用シューズを持参する」などのルールがある。

 同協会の上野豪之さんは「マナーよく利用していただき、感謝している。職員が必要以上に干渉しすぎず、最低限のルールと自由を共存させている点が特長の一つ。利用者のニーズに合わせた対応を心掛けている」と話す。

 今後もマシンの充実や既存器具の環境整備に力を入れるという。「運動経験が少ない人も、体育協会が運営しているジムであるという敷居の低さから気軽に足を運んでいる。ここで運動の良さを体感していただき、健康増進に役立てればうれしい」とも。

 営業時間は9時~20時45分。料金は、一般=300円、中高生・障がい者=250円(小学生以下は入場禁止)。12枚つづりの回数券は、一般=3,000円、中高生・障がい者=2,500円。受付は1階の事務所で行う。同ジム内の男女別更衣室とロッカーは無料。同施設1階のシャワー(1回100円)が利用できる。

 問い合わせは宇部市体育協会(TEL 0836-31-1507)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

山口井筒屋は有機野菜をメーンにする「野菜工房キッチン」が提供する「秋川の鶏と黒豚を使ったハンバーグセット」。オープン以来、一番人気のメニューだという。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング