天気予報

28

19

みん経トピックス

文化センター

特集

インタビュー2016-03-22

素材にこだわり、体に優しいものを 天然酵母パン むくの木

  • 0

ビジネスマッチング宇部(以下、BM宇部)とのコラボ企画「事業者インタビュー」。第16回は、宇部・あすとぴあに店舗を構え、こだわり抜いた素材を使った天然酵母パンを提供する「むくの木」の椋木みどりさん。素材へのこだわりやパン店を始めた経緯などについて聞いた。(聞き手/山口宇部経済新聞編集長 田辺久豊)

-宇部井筒屋で開かれた「宇部ぱん穀博覧会」(2月19日~21日)に出店されていましたね。かなりの来客があったと聞きましたが実際どうでしたか。

はい、おかげさまで大盛況でした。宇部市外のほか、県外からお越しの方も多く、当店のことを知らない人と出会えたことがとてもうれしかったです。

-こちらのお店はオープンしてからどれぐらい経つのですか。

昨年の11月24日で丸6年経ちました。米麹や麦などクセのない原材料で発酵させた天然酵母100%のパンを開店当初から提供しています。使用するナッツとドライフルーツは全てオーガニック。世界中でナチュラル志向の人が増えてオーガニックに注目が集まっていますが、すべてオーガニックのナッツとドライフルーツを使うパン屋は日本全国でもほとんどありません。

-そうなんですね。使用されている素材にはかなりこだわりがありそうですね。

はい。砂糖は見た目から感動するほどキラキラ光っていて、コクのある味わいが特長です。牛乳は、こだわりぬいた秋川牧園(山口市仁保下郷)の安全な牛乳を使っています。

卵は、抗生物質不使用の安全な卵を使用しています。

-なるほど。やはりこだわりがありますね。最近は不自然なものというか人工的なものが多く、知らないうちそういうものを食べているように思います。自然なものが一番ですね。

素材のおいしさを生かしたパンを作っていきたいと思っています。パン生地にマーガリンやショートニングなど、トランス脂肪酸の材料は使っておりません。これらはアメリカでは2018年から全面禁止となっているものです。「みのり」などは乳製品・卵不使用で小麦粉など原材料の味が楽しめます。

店内の商品には、分かりやすいようにパンの名前の横に「卵不使用」などの情報を表記しているので、卵が食べられない方などに喜ばれています。

-それは安心ですね。提供されているパンの種類や人気の商品など教えてください。

常時約30種類をご用意しており、日によって種類を変えています。一番品ぞろえの良い時間帯は11時ごろですね。

人気があるのはもちもちした食感の「むくの木食パン」や「くりーむパン」、「いちじくチーズのエピ」などです。新商品が登場することもあります。

-店内にはパン以外の商品もありますね。

はい。無農薬や減農薬の野菜やオーガニックのコーヒー、パンにも使っているきび砂糖や安全な調味料なども販売しています。私が実際に食べてみて「これはおいしい!」と思った商品を置いています。

今イチオシなのは「マヌーカの蜂蜜」。高い殺菌・抗菌作用がありテレビで最近紹介されたためか、今中々手に入りにくい貴重なハチミツです。

-ところで、椋木さんのご出身はどちらなのですか。

生まれは東京です。宇部に住んでいた時期もありますが、東京が長いですね。中国やオーストラリアに住んで働いていたこともあり、いろいろな経験をしました。東京では輸入物のインテリア会社に勤務していて、その頃のお客さまの原宿のお店で購入した家具がこの店には配置してあります。

宇部に戻ってきたのは約12年前です。パン店を始めるにあたって、出店する場所は萩や湯布院のようなところで古民家を探しましたが、結果的にここに決めて良かったと思っています。人通りは少ない場所ですが、景色もよく四季を感じながら毎日を過ごすことができます。これまで都会で仕事に追われた生活をしていましたから、ゆっくりと楽しみながらやっています。

-それはいいですね。パン屋さんは、第2の人生という感じでしょうか。

元々こちらに戻った理由は母の近くで生活するためでした。お店を始めたのは、知り合いが少ない土地でぼんやり生活するのももったいないので、地域の人とコミュニケーションをとるためというのもあります。ものづくりが好きな主人とパンの勉強をしました。山梨に行ってアパートを借りて修業した時期もありました。

-お店を始める前からオーガニックにこだわって生活しておられたのですか。

いえ、オーガニックに注目するようになったのは自分が製造販売する立場になってからです。お店を開くにあたって食材探しを始めた時にとても良い出会いがあり、販売するなら体に優しいものをという思いが強くなり、素材にこだわるようになりました。今は自分の生活にも取り入れています。

オーガニックの食材は価格が高く、ビジネス的に難しいこともあるのですが、より良質で体に優しいものを使ってお客さまに喜んでいただきたいです。

-イベントにも積極的に出店されていますね。地域の方との交流も増えてきましたか。

そうですね。この店を始めたから出会えた人や出来事はたくさんあると思います。今は自分が食べたいと思うパンを作っています。これからも更に人のためになるようなものを提供していけたらと思います。

先日の宇部井筒屋での「宇部ぱん穀博覧会」では、当店のことを知らない人がとても多く「お店はどこにあるのですか?」と聞かれることが多かったです。知らない人が多いということは、まだまだ伸びしろがあると感じているので、出店してとてもよかったと思っています。

-そうですか。今後の展開にも期待しています。本日はありがとうございました。

はい、ありがとうございました。

天然酵母パン むくの木
山口県宇部市あすとぴあ5-7-1
TEL:0836-53-2553
代表者:椋木みどり
営業日:木曜~日曜
営業時間:10時~19時

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

店内には暖色の壁紙や蛍光灯を使い、落ち着いて和むことができる空間を演出。視覚や嗅覚でも楽しめるよう、天ぷらはカウンターキッチンで揚げて提供する。「私は田舎育ちなので、自然に囲まれた厚狭の素朴さに引かれた。地域の人に親しみを感じてもらえるよう努めたい」と矢野さん。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング