食べる

宇部・中央に和食居酒屋「大重」-長年の夢かなえ「ランク上の食材」提供

楽楽楽跡にオープンした「和ごころ 大重」

楽楽楽跡にオープンした「和ごころ 大重」

  •  
  •  

 宇部の居酒屋街に4月2日、和食居酒屋「和ごころ 大重」(宇部市中央町1、TEL 0836-43-9511)がオープンした。

カウンターは6席を用意

 店舗面積約27坪、カウンター6席、テーブル席20席。東京や山陽小野田・厚狭など地元の和食店で20年以上の経験を積んだ大重幸さんが、長年の「夢」をかなえて出店。周辺居酒屋との「差別化を図るため」に個室も用意し、「落ち着いた雰囲気」を演出。和食が好きな女性や40代からの客層をメーンターゲットに据える。

[広告]

 使う食材は、瀬戸内海で捕れた天然の魚や熊本産の馬刺しや鹿児島の工場から直接仕入れるという鶏肉などが中心で、「ランク上の季節の食材」に重きを置く。

 メニューは「特上刺し身盛り合わせ」(1,700円~)や鹿児島産「鳥刺し」、「エビ真丈のはさみ揚げ」や「つぼ鯛柚庵焼き」(以上900円)、「牛サーロインステーキ」(2,800円)、「湯葉刺し」(780円)など約60種類を用意。

 アルコール類は、日本酒と焼酎を中心に約60種類を用意。飲んでみたい日本酒3種を選べる「日本酒を味わい尽くす利酒セット」(1,200円)やビール(550円)、カクテル(500円)のほか、ワイン(3,000円~)もそろえる。客単価は5,000円~6,000円を想定する。

 「季節感を出すことも売りの一つにしていきたい。今だと『竹の子の飯蒸し』(980円)なども用意している。メニューにないものでも、和食の物であればできる限りご要望に応えていく」と大重さん。

 「私たちが明るく楽しくしていると、それがお客さまにも伝わると思う。何度もご来店いただけるように、かゆいところに手が届くようなサービスができるようにしていきたい」と話す。

 営業時間は17時~24時。日曜定休(月曜が祝日の場合は営業)。

  • はてなブックマークに追加