宇部・上宇部にエステサロン「ミオ」 7周年前に市内琴芝から移転刷新

「美容院のような感覚で気軽に来店してほしい」と入江さん

「美容院のような感覚で気軽に来店してほしい」と入江さん

  •  
  •  

 宇部・上宇部の住宅街に4月11日、エステティックサロン「エステMio(ミオ)」(TEL 0836-39-5550)が移転オープンした。

レンガ調のかわいらしい外観

 2009年6月に市内琴芝で開業した同店。新店舗は同市内上宇部地区の「より静かな住宅街」で、店主の自宅に併設する形で新築した。

[広告]

 店主の入江美智子さんは、美容師から転身し、市内のエステサロンや美顔教室などエステ業務に携わり、30歳で独立。前店舗で営業してきた7年間を「すてきな人との出会いが多く、オープン当初から通ってくれているお客さまもいらっしゃる。人で営業する苦労もあったが、3年目からは安定してきた。肌に触れながら、時にはお客さまの相談も聞き信頼関係を築いている」と振り返る。

 新店舗の面積は7.5坪。白を基調にした店内には、前店舗でも使っていた愛着のあるカウンターを設置し、ナチュラルで優美な雰囲気を演出する。エステルームには、ボディー用とフェイシャル用のベッドを設ける。

 同店が提供するエステは、不純物が入っていない美容オイルを使い、手技で筋肉のコリをほぐして引き上げる「顔筋エステ」。小顔促進やリフトアップが期待できるという「美顔筋ストレッチ」(5,000円)を主体に、ボディーの「リンパドレナージュ」(6,800円)など、19種類のメニューを用意。ブライダルエステにも対応する。

 「1回料金で日常的に通えるエステ」をモットーにする同店。今春からは、世界的トップスター・マドンナと国内メーカーが共同開発した化粧品「MDNA SKIN(マドンナスキン)」を宇部エリアで初導入した。

 今後については、「従来のお客さまを大切にし、5月以降は新規顧客の開拓にも力を入れたい。新たな出会いも楽しみにしている。新しく取り入れたメニューにも力を入れて展開し、将来的には化粧品販売も手掛けて幅を広く活動していきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は10時~20時(完全予約制)。

  • はてなブックマークに追加