天気予報

28

18

みん経トピックス

宇部の幼稚園にコニシキさん宇部で映画「みんなの学校」

山口・平井に豚骨ラーメン店「まるたんら~めん」 元競輪選手が転身

山口・平井に豚骨ラーメン店「まるたんら~めん」 元競輪選手が転身

店主の関谷敏彦さん(右から2番目)と「まるたんら~めん」スタッフの皆さん

写真を拡大 地図を拡大

 山口・平井に4月27日、ラーメン店「まるたんら~めん」(山口市平井、TEL 090-1629-1153)がオープンした。

「まるたんら~めん」が提供するスタンダードの「白」

 2月末まで営業していた「ラーメンショップ」跡を改装して居抜き出店した。店舗面積は約18坪。席数はカウンター16席、座敷8席。内装は黒と赤を基調にした。

 店主は、元競輪選手で地元出身の関谷敏彦さん。20年間の現役生活後、日本競輪学校の教官などを経て、チャレンジ精神でラーメン店開業を決意。1年間かけて準備し、オープンにこぎ着けた。店名は、関谷さんのモットーの「丹精」「丹念」から付けた。

 提供するのは、毎日10時間以上炊き上げるスープで作る豚骨ラーメン。豚骨は一番だしにしか使わず、「クリーミーに飲めるスープで誰でも食べやすい味」を目指したという。

 メニューは、チャーシューやキクラゲなどがのるスタンダードの「白」(650円)と、ラー油などの辛味を入れた「赤」、焦がしニンニクとマー油を入れた「黒」(以上700円)、トッピングをネギのみにした「す」(500円)の4種類のラーメンと「焼きギョーザ」(300円)。麺の硬さは6段階から選べるようにした。

 「味を決めるまでは試行錯誤の繰り返しだった。こってりしているけれどあっさりした後味に仕上げた。オープン直後は1時間半で90杯が出て、本当に驚いた」と関谷さん。

 「味はもちろん清潔感と接客には特に気を付けながら、家族で来店いただける店を目指す。出会う方との縁を大切に頑張りたい」と意気込む。

 営業時間は11時~、17時~(以上、スープがなくなるまで)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

宇部・朝日町の小料理店「恋」の外観。1997年に市内中央で17年間飲食店を開いてきた吉田敏子さんが、結婚を機に夫の五男さんと開いた同店。場所は山口大学医学部程近く。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング