暮らす・働く

「宇部市スポーツコミッション」が事務所開設 地域活性化にも一役

スタッフの平本貴法さんと中嶋沙織さん 宇部市新天町アーケード内の新事務局前で

スタッフの平本貴法さんと中嶋沙織さん 宇部市新天町アーケード内の新事務局前で

  •  
  •  

 11月1日に任意団体から一般社団法人に変更した「宇部市スポーツコミッション」(TEL 0836-39-7653)が12月3日、新天町アーケード内に事務局を移転した。

12月に市役所内から移転した事務所

 スポーツによる健康づくりとまちづくりを推進することを目的に、2014年に宇部市文化・スポーツ振興課内に設立された同団体。自治体やスポーツ施設、医療・福祉機関など、関係団体を結びつけ「官民協働」で情報を共有する。

[広告]

 これまでの4年間の活動で培ったネットワークを活用し、より多様な事業展開を図ろうと一般社団法人格を取得。開設した事務所は市役所からも近く、市民の目に触れやすいことに加え、「シャッター通り」の活性化にも一役買おうとこの地を選んだ。

 事務所には4人のスタッフが常駐する。入り口のディスプレーでは、団体に加盟するレノファ山口や、2020年の東京オリンピック・パラリンピックをPR。「五輪に向けてスポーツの機運が一層高まっている。市民のニーズに応えられる環境を整えたい」と長谷亮祐会長。来客用の窓口も設置し、相談や要望も受け付ける。

 現在、33の団体が参加し、医師やスポーツインストラクターなど多種のプロフェッショナルを擁するネットワークを生かして活動を展開している。今月9日には、法人化して初となるイベント「スポーツ障害予防&パフォーマンスアップ教室」を開催した。

 コーディネーターの平本貴法さんは「法人化して活動の自由度が高まった。まずは市民に幅広く、当法人の活動や存在を知ってもらいたい。商店街という立地を生かしたスポーツイベントも開催したい。各プロたちと連携しながら、宇部に合った方向性を見出していきながら、市が持つ健康づくりの課題を共に担っていけたら」と話す。

 来年2月上旬には、市内の小中学校で五輪アスリートを招いた交流学習も実施する予定。長谷会長は「スポーツを通じて『元気な人の元気なまち』になるよう、力を結集していきたい」と話す。

 営業時間は8時30分~17時15分。土曜・日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加