見る・遊ぶ

宇部で「スポーツコミッションフェスタ」 自由参加型、多彩に展開

小野湖では「Eボート体験」を実施する(アクトビレッジおのへの事前申し込みが必要)

小野湖では「Eボート体験」を実施する(アクトビレッジおのへの事前申し込みが必要)

  •  

 自由参加型のスポーツ体験イベント「スポーツコミッションフェスタ」が10月8日、宇部市で開かれる。主催は、宇部市スポーツコミッション。

「バブルボール」を使って、サッカーやリレーも

 スポーツコミッションに参加する団体などの協力を得て、誰でも参加できるスポーツ体験や健康に関する企画を展開。メイン会場は例年同様「恩田運動公園」(恩田4)一帯で、今年はサテライト会場として、初めて「アクトビレッジおの」(小野、TEL 0836-64-5111)を使用する。

[広告]

 メイン会場では、陸上競技場やユーピーアールスタジアム(宇部市野球場)も活用し、12種類の企画を実施。初開催の「クロスバイク試乗体験会」や、視覚障がい者の野球競技「グランドソフトボール体験会」、体力測定ができる「スポちゃれ祭2018」などのほか、不要になった子ども用スポーツグッズを無料で譲る「リユース広場」も設ける。

 サテライト会場は、「バブルボール」を身に着けての遊び体験、野外でのヨガ、小野湖での「Eボート(10人乗りの手こぎボート)体験」、竹製フレームの自転車「バンブーバイク」の試乗を行うほか、キャンプ場では好きな具材をトッピングできる窯焼きピザの販売やキャンプ用品の展示も行う。

 両会場に、軽食を提供する「飲食コーナー」を用意し、景品がある「ポイントラリー」も実施。来場者数は2000人を見込む。

 宇部市スポーツコミッション・コーディネーターの平本貴法さんは「初開催のプログラムは10種類に及び、小野では自然環境を生かした体験ができる。『家族で楽しむ』がテーマなので、子どもだけでなく保護者も参加してみんなでスポーツの秋を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~15時30分(実施時間はプログラムによって異なる)。参加無料(Eボート体験は500円)。少雨決行。