3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

山陽小野田の図書館で「おみくじ」企画 運勢とお薦め書籍占う、子ども用は当たり付き

図書館おみくじを楽しむ親子来館者

図書館おみくじを楽しむ親子来館者

  •  
  •  

 山陽小野田市立中央図書館(山陽小野田市栄町、TEL 0836-83-2870)で現在、「図書館おみくじ」を配布している。

留学生による各国のお正月紹介

 昨年12月14日から行っている展示企画「年末年始の準備は図書館で~令和初のお正月~」の一環。今年の運勢とお薦め書籍を紹介し、新たな本との出合いを提供する「図書館おみくじ」は、大人用の「仕事おみくじ」「恋おみくじ」、子ども用の「べんきょうおみくじ」「ともだちおみくじ」の4種類。子ども用のおみくじは当たり付きで、「当たり」はカウンター窓口でプレゼントと交換できる。

[広告]

 同館職員の田中杏子さんは「来館者に楽しんでもらおうと企画した。おみくじは現時点で、用意した800枚のうち約300枚が引かれている。おみくじ目当ての来館者もいて、喜んでもらえている」と話す。

 「年末年始の準備は図書館で」企画では、年末の大掃除から正月の準備、七草がゆの作り方など年末年始の日本の行事や文化について紹介するほか、サビエル高校の留学生による「外国のお正月」を紹介する展示を行っている。

 同館職員の銭谷幸子さんは「年末年始の流れが分かる展示や留学生たちのリポート、山陽小野田市歴史民俗資料館から借りた百人一首かるたの展示などを見て、日本や外国の文化を学んでほしい。各コーナーに関連書籍の展示も行っているので、そちらもぜひ読んでもらえれば」と話す。

 1月11日・12日は、サビエル高校の留学生によるギャラリートークを開催する。「私の国のお正月」をテーマに、中国・タイ・モンゴル・カンボジア・マレーシア・インドネシアの正月行事や風景を、それぞれの国から来日している学生が紹介する。開催時間は、11日=15時~、12日=14時~、15時~(以上、各回15分程度)。

 開館時間は9時30分~19時(土曜、日曜は17時まで)。月曜、祝日休館。企画展示は1月26日まで。

Stay at Home