食べる

山口・湯田温泉にピザ店「ヴォルペ ビアンカ」 イタリア製の窯で焼き上げ

「ピザやチーズに興味がある人にぜひ来てもらいたい」と店主の秦一浩さん(写真左)

「ピザやチーズに興味がある人にぜひ来てもらいたい」と店主の秦一浩さん(写真左)

  • 127

  •  

 山口市湯田温泉に3月7日、ピザレストラン「VOLPE BIANCA(ヴォルペ ビアンカ)」(TEL 070-1077-4481)がオープンする。

イタリア製のピザ窯

 店主は地元出身の秦一浩さん。これまで島根県のスキー場に勤務し、冬場はピザ窯を設けたレストラン、夏場はチーズ工房で働いてきた経験から「自分の店を持ちたい」と起業。スキー場で共に働いてきた北岡廣成さんや妻の美果さん、母親の山脇康子さん、叔母の山脇達子さんらと店を切り盛りしていく。

[広告]

 店名はイタリア語で「白いキツネ」の意味で、同地区に伝わる「白狐(びゃっこ)伝説」にちなんだ。店舗面積は約20坪。2人掛けテーブル6卓、6人掛けテーブル1卓、カウンター6席を設ける。

 同店の売りは、イタリアから輸入した窯で焼き上げるナポリピザ。「マルゲリータ」(1,300円)や「マリナーラ」(900円)など、トマトソースをベースにしたピザ5種類を提供し、今後はホワイトソースやソースを使わないピザなどの種類を増やしてくという。

 ランチタイムには店内で焼き上げたパン、ディナータイムにはチーズも提供する。パンとピザはテークアウト可能。

 提供するドリンクは、ランチタイムはコーヒーやオレンジジュースなどのソフトドリンク(各380円)を8種類、グラスワインやイタリア産ビールなどのアルコール(450円~)3種類を用意。ディナータイムにはカクテルや梅酒、イタリア産ワインなどのアルコール(480円~)22種類と、ソフトドリンク(350円~)5種類を用意する。

 一浩さんは「おいしいピザを食べてもらいたいという思いから始めた。チーズ工房で働いていた経験を生かして、国内でご縁のある工房から他の店にはないようなチーズを取りそろえたい。国産チーズにもおいしいものがあることを知ってもらいたい」と話す。

 営業時間は11時~21時。