食べる

山口・湯田温泉に居酒屋「エレファントキッチン」 クラフトビールと肉料理提供、象グッズも

「可愛い象を見に来てほしい」と店主の田中耕治さん

「可愛い象を見に来てほしい」と店主の田中耕治さん

  •  
  •  

 山口市湯田温泉に1月6日、クラフトビールと肉料理、象グッズをテーマにした居酒屋「エレファントキッチン」(TEL 083-902-1629)がオープンした。

パッケージに象が描かれたビール

 場所は「BAR ALBERO(バー アルベロ)」跡。店主の田中耕治さんは島根県出身で、大学進学を機に山口へ移住。大学卒業後は看板屋に勤務し、数年後に居酒屋に転職。以降20年近く料理の仕事に携わってきた。居酒屋を退職後、再就職するか開業するかを考えていた時に現在の店舗が空き物件になることを聞き、出店を決めた。

[広告]

 店舗面積は約13坪で、カウンター6席、テーブル6席を設ける。青を基調とした内装は全て田中さん自身が手掛けた。工務店を使わないことで費用を抑えながら、こだわりを表現することができたという。

 店名の由来は田中さんの象好きから。20年以上象グッズを集めていて、店内に飾っているグッズもその一部。田中さんは「県内でもこれだけ置いてある店はないと思うし、むしろあったら悔しい」と笑顔を見せる。

 提供するビールは、「グランドキリンIPL」(小=500円、大=800円)や「ゆずラガー」(小=500円、大=800円)といった季節に合わせて選んだ「本日のクラフトビール」のほか、「デリリウムトレメンス」(1,100円)や「ホブゴブリン」(900円)といった「本日の瓶ビール」など、約15種類。

 そのほかのドリンクは、焼酎(550円~)やワイン(600円)、日本酒(600円~)などのアルコール類を24種類、オレンジジュースなどのソフトドリンク(400円)を6種類提供する。

 食事メニューは、「エレキチサラダ」(700円)や「猪スペアリブスパイスやき」(1,200円)、「エレキチパフェ」(800円)など約40種類を用意する。

 田中さんは「カウンターメインで、ビール好き同士が集まる店にしていきたい。『全種類飲んでやる!』くらいの気持ちの人に来てもらえれば。もちろん食事だけでもオッケー。周辺の路面にはお店がたくさんあるのに知らない人が多いので、当店をきっかけに若い人たちにこの周辺を認知してもらいたい」と話す。

 営業時間は18時~翌1時。月曜定休。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019