3密を避けて新しい生活様式へ!

山口の造園会社敷地内にアンティーク雑貨店-姉妹を中心に社員が手作り

「BLAUE WIESE(ブラウエ・ヴィーゼ)」の建物横には庭が広がる

「BLAUE WIESE(ブラウエ・ヴィーゼ)」の建物横には庭が広がる

  • 0

  •  

 造園・外構・エクステリアなどの企画・設計・施工を行う水津造園土木(山口市大内御堀、TEL 083-927-7772)は5月5日、敷地内にアンティーク雑貨店「BLAUE WIESE(ブラウエ・ヴィーゼ)」(同、TEL 083-902-9329)をオープンした。

 店舗面積は約8坪で、デッキ部分や庭も合わせると約50坪。造園業を行う同社の事務所隣にオープンした。店舗は、イギリス・コッツウォルズ地方の家や庭の雰囲気をベースに、さまざまな国のテイストを取り入れながら作り上げた手作りの店。店舗横の庭には、アンティーク家具や雑貨を置き、雑貨を取り入れた庭の雰囲気づくりを提案している。

[広告]

 店内には、フランスやイギリスから取り寄せたアンティーク雑貨を中心に、ハンドメード雑貨、ナチュラル雑貨、ガーデニング雑貨などが並ぶ。雑貨以外にも、珍しい植物の苗やアンティーク家具も販売している。

 同店の水津夕香利さんと田良真由美さんは姉妹。2人ともアンティーク雑貨が好きだったことから、3年前から雑貨店を開こうと考えていたという。同社の社員が造園業の仕事をしながら、みんなで門や建物を少しずつ作り上げ、オープンにこぎ着けた。

 田良さんは「ターゲットは雑貨が好きな人と庭が好きな人。女性客が多いが、男性客は建物に興味を持ち、楽しんでもらっているようだ」と話している。水津さんは「外構工事、造園、アイアンワークについての相談にも応じる。雑貨が似合う庭を提案できれば」とも。

 営業時間は、平日=10時~18時、土曜・日曜・祝日=10時~19時。

英国をイメージしたガーデニング専門店-造園会社が山口にオープン(山口経済新聞)山口にハンドメード雑貨店-全国から集めた作家の作品を販売(山口経済新聞)山口・竪小路にインテリアショップ-アンティークと現代アートを融合(山口経済新聞)(©マルニ)

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home