3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

宇部の生花店「エバーグリーン」が20周年機に移転 プロデュースに注力も

20周年を迎えて移転した「エバーグリーン」

20周年を迎えて移転した「エバーグリーン」

  • 37

  •  

 宇部市常盤町に6月20日、生花店「花ひろばEvergreen(エバーグリーン)」(TEL 0836-22-8787)が移転オープンした。

移転した「エバーグリーン」の外観

 2000(平成12)年4月に異業種から参入した二村友香さんが中央町で創業。2004(平成16)年からスーパー「アルク琴芝店」内で営業してきたが、5月末で営業を終えた。20周年の節目をきっかけに移転し、予約制をメインに営業する。

[広告]

 新店舗は路面店で、場所は宇部郵便局近く。約10坪の店内に、季節ごとの切り花約20~30種類、鉢物約10種類をそろえ、花は注文内容に応じて仕入れる。8月からはテークアウトのカフェも始め、ドリンクとかき氷の提供も行う。

 新たに「提案とプロデュース」に注力していくという同店。二村さんは「『贈られる人』に重きを置き、ふさわしい花の量や飾る場所、立場なども考えてより細やかに提案していきたい。観葉植物などを使って空間のプロデュースも行っていく」と話す。

 これまで、アレンジメント教室の主宰やドレスや着物に合わせたヘッドドレスの制作などのほか、結婚披露宴の会場装花や法人への贈花などを手掛けてきた二村さん。今春には、着物好きが高じて「着付け師」の認定資格も取得するなど、マルチぶりを見せる。

 二村さんは「知人もいない状態でゼロから始めて困難もあったが、20年間よく生き残ってこられたと思う。やりたいことができる環境が整った。花を中心に、経験や人脈を生かしながら、地域貢献の枠にとどまらない活動やお手伝いがしていければ」と話す。

 営業時間は9時~。木曜は予約営業。

Stay at Home