3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

宇部・島の茶葉専門店「チャシツ」移転 安心して楽しめる店に

「必要とされるなら全力で応えていければ」と店主の秋月隆至さん

「必要とされるなら全力で応えていければ」と店主の秋月隆至さん

  • 33

  •  

 宇部の茶葉専門店「chasitsu(チャシツ)」(宇部市島3、TEL 0836-39-9917)が8月1日、移転オープンした。

前店舗の真裏に移転した同店

 「大切な人とお茶を飲む時間と空間の提案」をコンセプトに、2012(平成24)年にオープンした同店。店舗が手狭になってきたことや駐車場の問題などを理由に、前店舗の真裏に店舗兼住居を建てた。

[広告]

 店主の秋月隆至さんは「新型コロナの感染対策が求められる中、ストレスのない店作りがしたかった。こうした状況の中でも安心して楽しんでいただくための準備に時間がかかったが、こだわりを主張しつつ対策もしっかり行う新しい店の形の提案になれば」と話す。

 店舗面積は約12坪。年間100種類以上を用意するオリジナルブレンドの茶葉や、全国の作家の作品からお茶の時間が楽しくなるようなものを選んで仕入れた器、「cafe a table(カフェアターブル)」(福岡県北九州市戸畑)のジャムなどをブースごとに分け見える化。感染対策として滞在時間を短くするため、目的の商品が分かりやすいようにレイアウトも変更するなど、社会の変化に合わせた店づくりを行った。

 秋月さんはこれまでの営業を「お客さまや場所、時期にも恵まれ運が良かった。コロナの時にはもう駄目かと思ったが、贈り物や心の癒やしとしての需要があり、自分たちに何ができるかを考えながらやってきた」と振り返る。

 「移転後はこれまでの常連のお客さまはもちろん、前店舗の時から店が気になっていたという新規のお客さまも来てくれた。感謝の気持ちを忘れずに、良い店にすることで恩返しをしたい。小さくてもお客さまに寄り添える店にしていければ」とも。

 営業時間は10時~18時。日曜、第1・第3・第5月曜定休。

ピックアップ

Stay at Home