食べる

山陽小野田・焼野にカフェ「ソル・ポニエンテ」 バルから刷新、ドライブスポット目指す

客席を間引いて営業する「カフェ ソル・ポニエンテ」店内

客席を間引いて営業する「カフェ ソル・ポニエンテ」店内

  • 38

  •  

 山陽小野田・焼野に9月9日、「海と夕陽(ゆうひ)のカフェ ソル・ポニエンテ」(山陽小野田市小野田、TEL 0836-89-0080)がオープンした。

彩り豊かに盛り付ける「サンドイッチ」

 レストラン「ソル・ポニエンテ」の別棟で、これまでバルとして営業していた場所をリニューアルして業態変更。客層幅の拡大を目的に若年層の来店を見据える。

[広告]

 24席だった店内は、コロナ禍に配慮してカウンター3席、テーブル席12席と約半数に減らした。「ドライブなどでの目的地づくりとして、わざわざお越しいただけるスポットを目指したい」と同店企画運営リーダーの秋山祥恵さん。テークアウトにも注力する。

 提供するのは地元食材をメインに使ったサンドイッチが中心で、「県産豚の麦味噌(みそ)クリームチーズトマトサンド」(650円)や「塩レモンとハニーマスタードの蒸し鶏のサンド」(600円)など5種類。萩焼の器に盛り付けて提供する。

 そのほか、旬の果物をのせる「季節の夕焼けパンナコッタ」(450円)やバルで人気だった「三元豚のヒレカツカレー」(820円)も用意する。

 ドリンク類は、色鮮やかな「サンセットソーダ」や「季節の自家製フルーツソーダ」(以上500円)など20種類。配色にこだわって「映え」も狙い、SNSでの拡散も視野に入れる。

 オープンから約半月の様子について「コロナ対策も徹底しているが、下関市や山口市など隣市から来店があり、テークアウトして海辺を散策しながら休憩される姿などが見受けられる。順調なスタート」と秋山さん。「常に変化のある店づくりを行いながら、飽きることのない工夫をしていきたい。フォトスポットとして立ち寄ってもらえたら」とも。

 営業時間は11時~17時(土曜・日曜・祝日は10時30分~)。月曜・火曜定休。

Stay at Home