食べる

宇部で立ち飲みイベント「水曜0次会」 キッチンカー出店、2月末まで隔週開催

「水曜0次会」の様子

「水曜0次会」の様子

  • 38

  •  

 立ち飲みイベント「水曜0(ゼロ)次会」の第1回が12月23日、宇部の平和通りで行われた。

キッチンカーが並んだ歩道

 国土交通省が路上利用の占用許可基準を緩和した取り組みの一環で、飲食店が歩道にテラス席を設ける「オープンストリート宇部」や、今月16日から始まった平和通りの街路樹イルミネーション事業とも連携し、来年2月まで隔週水曜に行う。

[広告]

 実行委員長を務める藤重雅明さんは「忘年会など大人数では飲みに行きにくいご時世だが、立ち飲みで少人数でさくっと一杯飲んでもらい、この『0次会』が1次会前のきっかけになればいいと思って企画した。平日は特に人通りが少ないので、ノー残業デーの会社が多い水曜にした」と話す。

 当日はキッチンカー6台が出店。宇部のレストラン「ビストロ アマービレ」(中央町)がキッチンカー「青空レストランBistro AMABILE(ビストロ アマービレ)」としてジビエ料理などを提供したほか、「ごはん充実 カフェテリア トレボル」(中央町)が「ピンチョス」、「kitchen846(キッチンヤシロ)」が「かす汁」を提供。

 山陽小野田市の洋菓子店「グランシャリオ」のキッチンカー「走るケーキ屋」も来場。「THE CUP」(下関市)が「スペシャリティーコーヒー」、「町の酒屋さん」がホットワインや熱燗を販売したほか、クリスマススペシャルとしてJAZZなどのライブステージも行った。

 宇部市総合戦略局中心市街地にぎわい創出推進グループ主幹の森本哲也さんは「コロナ禍で受けた救済対策としての路上利用の緩和をきっかけに、楽しく歩いて過ごせる町づくりができたら」と話す。

 同局 ガーデンシティ推進グループリーダーの宗野行展さんは「みんなで中心市街地をどう盛り上げていったら良いかを考えた。『まちを元気にする』という意味で来年、再来年にも根付かせていきたいイベントの最初の一歩」と話す。

 開催日は、1月13日、1月27日、2月10日、2月24日。開催時間は17時30分~19時30分。2021年4月末までの水曜は「水曜0次会」の合言葉で参加飲食店が特典を進呈する。