見る・遊ぶ

宇部ときわ公園で「リアル宝探し」 ウィズコロナに重点、アプリで参加も

宇部観光コンベンション協会の佐々木正志さんと川辺晴美さん

宇部観光コンベンション協会の佐々木正志さんと川辺晴美さん

  • 6

  •  

 リアル宝探しイベント「醒(さ)めない夢と幻のトビラ~ときわアートトレジャーウォーク~」が1月23日、宇部ときわ公園内(宇部市則貞3)で始まった。主催は「宇部観光コンベンション協会」。

リアル宝探しを行う「ときわ公園」

[広告]

 企画・制作は、体験型コンテンツ「リアル宝探し」を手がける「タカラッシュ」(江東区)。

 ストーリーは「園内を歩いている途中に眠ってしまい、夢からさめるために現実と夢とをつなぐ『セカイのトビラ』を見つけ出す」というもの。謎解きは、同園内で実際に散策するだけでなく、遠方からでも参加できるようにスマホアプリも用意し、アプリ上で謎を解いて参加することもできる。

 参加者は同協会公式サイトに掲載している販売場所かウェブ上(タカラッシュ公式サイト)で、謎や地図などが記された「参加キット」を購入して物語を進めていく。参加キットの価格は、現地購入1,000円(2月12日まではスタート記念特別価格500円)、ウェブ購入1,500円。

 担当の佐々木正志さんは「昨年9月ごろから準備を始めた。新しい生活様式を考える中で、ウィズコロナに重点を置いた新たな挑戦の一つ。ときわ公園の資源を生かして安心して楽しめるイベント」と話す。

 同園では、感染対策リストを作成して運営するほか、スタッフの日々の健康管理、マスク着用、アルコール消毒など徹底して行う。

 佐々木さんは「自然の中で行う謎解きイベントを通して、普段は中々行かないような場所なども散策して園内のアートも楽しんでもらいたい。新たな魅力を発見してもらえたら」と笑顔を見せる。

 開催時間は9時30分~17時。問い合わせは、宇部観光コンベンション協会(TEL 0836-34-2050)まで。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース