見る・遊ぶ

宇部ときわ公園で桜開花 見頃は3月下旬ごろから、ライトアップも

「じゃぶじゃぶ池」周辺で開花した桜

「じゃぶじゃぶ池」周辺で開花した桜

  • 35

  •  

 桜の名所・宇部ときわ公園(宇部市則貞3)が3月18日、桜の開花を宣言した。

開花目前のつぼみ

 ソメイヨシノ、まめざくら、しだれ桜など3500本の桜が咲き「日本さくら名所100選」に選ばれている同園。今年は昨年よりも開花が1日早く、同園「レストハウス」下の「じゃぶじゃぶ池」周辺で、1本の木から5輪の桜の開花が確認された。

[広告]

 現在、全体では1分咲きにも満たないものの、開花直前のつぼみが多く見受けられている。宇部市ときわ公園課主任の島谷恵子さんは「1本の木から5輪咲いたタイミングで開花を発表した。3月下旬から4月上旬が見頃になりそう」と話す。

 同園では20日から、湖水ホール横の「桜山」と東駐車場付近の桜のライトアップを2年ぶりに行い、白色やピンク色、虹色の投光器で桜を照らす。ライトアップ時間は18時30分~22時。4月4日まで。

 現在、デジタルスタンプラリー企画「ときわ公園クイズラリー~春の訪れを探そう~」を実施中の同園。例年は、桜シーズンに合わせてイベントを展開しているが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止が決定している。

 島谷さんは「桜で園内がピンク色に染まり、華やかな気持ちになれると思う。ライトアップされる夜桜は、幻想的で昼とは違った雰囲気を感じさせてくれる。マスク着用や少人数でのお花見など、感染対策にご協力いただきながら、春のときわ公園を楽しんでいただけたら」と笑顔を見せる。

 イベントの詳細は同園ホームページで確認できる。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース