山口で「七夕ちょうちん飾り」-6千個の紅ちょうちんが商店街を彩る

紅ちょうちんが飾られた山口市中心商店街

紅ちょうちんが飾られた山口市中心商店街

  • 0

  •  

 山口市中心商店街で7月29日から「七夕ちょうちん飾り」が始まり、アーケードに約6,000個の紅ちょうちんが飾られている。

 毎年8月6日・7日に行われる「山口七夕ちょうちんまつり」では商店街を中心に数万個の紅ちょうちんが飾られ、幻想的な風景を作り出す。今年は「おいでませ山口デスティネーションキャンペーン」期間中であることや、7月30日から山口県立美術館(山口市亀山町)で「七夕」にまつわる作品展示もされることから、特別にちょうちんの飾りつけを期間延長して行い、山口の夏を盛り上げる。

[広告]

 中市商店街から道場門前商店街の阿部橋まで約700メートルのアーケード内に、約40~50個の紅ちょうちんを取り付けた約140本の笹竹を設置している。

 紅ちょうちん点灯は8月6日・7日の「ちょうちんまつり」のみ。祭りでは、アーケード内だけでなく、駅通り商店街や新町商店街、パークロードなどの一帯が明かりを灯したちょうちん飾りで埋め尽くされ、多くの人でにぎわう。紅ちょうちんの点灯時間は、両日とも19時30分~21時30分。

 飾りつけは8月10日まで。

山口デスティネーションキャンペーン-多彩な催しで観光客誘致へ(山口経済新聞)山口・香山公園で「山口どこでも紙芝居」-五重塔をバックに(山口経済新聞)山口県観光連盟が動画サイト-映像と音で観光地を紹介(山口経済新聞)山口市観光案内処(山口市観光課)(©マルニ)

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース