見る・遊ぶ

美祢・秋吉台国際芸術村で「芸術村フェスティバル」 アートに触れる一日を

昨年開催された「芸術村フェスティバル」の様子

昨年開催された「芸術村フェスティバル」の様子

  • 39

  •  

 「芸術村フェスティバル」が6月26日、美祢市の「秋吉台国際芸術村」(美祢市秋芳町秋吉、TEL 0837-63-0020)で開かれる。

「芸術村フェスティバル」前回の様子

[広告]

 「国際芸術村をまるごと楽しむ」がコンセプトでホール、スタジオ、研修室、中庭など芸術村全館を使って開く同イベント。昨年7月に続いて2回目で、パフォーマンスやワークショップ、展示などが一日楽しめる。芸術村をもっと広く知ってもらうきっかけになればとスタートし、昨年は約1000人の来場者で盛り上がったという。

 ホールのパフォーマンス・ステージでは、秋芳桂花小学校のマーチングバンド演奏、堀川玄太さんによるウオーターアート、萩光塩学院高等学校書道部による書道パフォーマンスなどを行う。屋外では、ふしの岩戸太鼓保存会や古典芸能南京玉すだれ山口保存会によるパフォーマンスのほか、ジャグリング体験コーナーも設置する。

 館内では、高重翔さんのマジックショー、林隆雄さんのチェンソーアート、山口県文化振興課や山口県防災士会女性部、リレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐちなどの県民活動団体による活動紹介展、端材や花などの自然物を使ったワークショップ、天然石のブレスレット作り、ぬりえコーナーなどを展開する。

 イベント終了後の15時30分からは、ホール内できらめき財団によるファミリーコンサート「きらめき音楽教室in芸術村」、17時からは桂竹千代さんによる「第1回秋吉台落語村」が開かれる。入場無料で事前に配布する整理券で観覧できる。

 秋吉台国際芸術村事業企画課の村田真一さんは「子どもから大人まで幅広く楽しめる内容になっている。県内でアート活動をされている人のパフォーマンスを見たり、実際に体験したりしてアートに触れてもらいたい。館内を周遊して1日楽しんでもらえれば」と話す。

 開催時間は10時~15時。雨天の場合、屋外の内容を変更することがある。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース