博多出身オーナーが手作りの一口ギョーザ店-山口・湯田温泉にオープン

カウンター席と座敷席を備える

カウンター席と座敷席を備える

  • 0

  •  

 山口・湯田温泉に6月23日、博多一口ギョーザの店「餃子舎 てっけん」(山口市湯田温泉3、TEL 083-921-4123)がオープンした。

「てっけん」の焼きギョーザ

 黒を基調とした外観には、大きく店名の「てっけん」の文字を掲げる。内装はカウンターや壁、柱、座敷の床などに木材を使い、木をメーンにした心地よさを感じる店内にしたという。店舗面積は15坪で、席数は25席。

[広告]

 同店の焼きギョーザは小ぶりなのが特徴で、具には鹿野ファーム(周南市)の「ハイポー豚」を使用。「毎日一つひとつ愛情込めて皮から手作りしている」と博多出身のオーナー・荻林謙策さん。ギョーザを「ウリ」にした居酒屋が山口市内にはあまりないことから、山口の人たちにもギョーザのおいしさを楽しんでほしいと出店した。

 フードメニューは、「焼き餃子(8個)」(380円)、「博多炊き餃子」(580円)、「〆のちゃんぽん」(200円)、「〆のおじや」(200円)をメーンに、一品料理や揚げ物など約30種類を提供。ドリンクメニューは、生ビール(400円~)、焼酎(380円~)、ソフトドリンク(280円)など約30種類。客単価は2,500円。

 荻林さんは「湯田温泉近辺で飲み歩いている男性会社員をターゲットに、女性や子どもにも優しい店を目指す。7月からはテークアウトのギョーザも始める予定」と話す。

 営業時間は17時~翌1時。日曜定休(月曜が祝日の場合は営業、月曜休み)。(©マルニ)

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース