天気予報

9

2

みん経トピックス

宇部で「お母さんの似顔絵」ユニクロ×宇部蒲鉾コラボT

山陽小野田の色鉛筆作家が「ありがとう」カード-母・父の日に合わせ限定販売

山陽小野田の色鉛筆作家が「ありがとう」カード-母・父の日に合わせ限定販売

淡い色を使い優しいタッチで描く「ありがとう」のカード

写真を拡大 地図を拡大

 山陽小野田市の色鉛筆作家が5月10日、雑貨店「BLUE×PLANET…」(山陽小野田市くし山中2)で母の日・父の日に向けたメッセージカード「ありがとうのカード」の販売を始めた。

「ありがとう」や「Thank you」の言葉を添えている

 同カードは、山陽小野田を中心に「手書き工房 ほうき星」の名前で色鉛筆を使ってポストカードやメッセージカードにカラフルなデザインを描くアーティスト堀田直子さんが手掛けるオリジナルカード。

 主にパステルカラーを使い、色鉛筆の持つ温かみや曲線の緩やかさを生かしてクローバーやハート、花や水玉模様を描き、「ありがとう」「Thank you」の言葉を添える。

 作品は、ポストカードと名刺サイズのミニカードの2種類で、店頭には随時各10点ほどずつ取りそろえる。価格はポストカード=150~500円、ミニカード=100円。

 昨年7月から本格的に作家活動を始めたという堀田さんの作品は、柔らかなタッチと色使いが特徴。デザインは「その時のイメージ」で構成し、色鉛筆で描いた後に水でぼかす技法を用いて、これまでに地元作家の合同イベントでの展示をはじめ、市内のカフェなどのアニバーサリーでは作品をプレゼントしてきたという。

 堀田さんは「描くときは自分の気持ちに素直にそのときに描きたいものを描くことを大切にしている。人の心を動かすことができるようなカードを作っていきたい」と話す。母・父の日に向けては「普段は照れくさくて言えない言葉を、カードに一言書き加えてご両親に贈ってもらえたら」とも。

 営業時間は11時~18時。日曜~火曜定休(5月12日、17日、30日は定休)。販売期間は6月末まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

宇部・西岐波の「流正鍼灸院」の外観。国道190号線沿い、玩具店・トミーランド横に位置する。「これまでの自分の経験も生かしながらまい進していきたい」と中島さん。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング