天気予報

28

23

みん経トピックス

宇部の人気焼き肉店の精肉店山口で「歴食」サミット

宇部・琴芝に生ギョーザ専門店「こまち」 テークアウトで提供、「男餃子」も

宇部・琴芝に生ギョーザ専門店「こまち」 テークアウトで提供、「男餃子」も

宇部・参宮通りにオープンした生ギョーザ専門店「こまち」

写真を拡大 地図を拡大

 宇部・琴芝に2月4日、テークアウトのギョーザ専門店「こまち」(宇部市東琴芝1、TEL 0836-35-3083)がオープンした。

テークアウトで提供する「こまちギョーザ」

 市内厚南のラーメン店「長州屋」(妻崎開作)が、店内で作る生ギョーザをテークアウトで提供する新業態として出店。当日の夕食としての利用を見込み、昼時と夕方のピークを想定。主婦層や仕事帰りのビジネスマンをターゲットに、車通りの多い参宮通り沿いに開いた。

 ギョーザに使う材料は、山形県のブランド豚・あつみ豚や青森産のニンニク、国産のキャベツなど国産にこだわり、毎朝当日分を用意。焼きギョーザは提供しないが、「皮はパリパリ、中はジューシーなギョーザを自宅で楽しめる」(同店店長)。

 メーン商品は、スタンダードの「こまち餃子(生)」。価格は18個=600円、30個=1,000円、40個=1,180円。「冷凍餃子」(19個=、600円)も用意するほか、ニンニクと肉の量を増やした「男餃子(冷凍)」(16個=、650円)もそろえる。

 「モットーは安全・安心・新鮮。ギョーザが有名な各地に赴き、味の研究もしてきた。お子さまから年配の方まで、食卓で当店のギョーザを囲んで幸せなひとときを過ごしてもらいたい。感謝の気持ちを込めて提供していきたい」と店長。

 営業時間は10時~19時。火曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

50周年を迎えた「山口宇部空港」の外観。7月1日は「山口宇部空港開港50周年記念セレモニー」が開かれ、合わせて「観光物産フェア」が始まった。同フェアは、県内12市と連携して月替わりの内容で開催する。全11回。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング