天気予報

28

22

みん経トピックス

宇部・ときわ公園の桜開花宇部で「間取り図イベント」

宇部・新天町の「きがるな洋食屋さん」刷新 午後の来店見込みデザート強化

宇部・新天町の「きがるな洋食屋さん」刷新 午後の来店見込みデザート強化

「手間を惜しまず、お客さまを飽きさせない工夫をし続けたい」と宗野さん

写真を拡大 地図を拡大

 17周年を迎えた宇部・新天町の洋食店「きがるな洋食屋さん」(宇部市新天町2、TEL 0836-21-2875)が3月21日、リニューアルオープンした。

食器も楽しめるメニュー

 1999年2月に輸入品店「VIP」店内に併設してオープンした同店。「手作り」にこだわり、洋食店の定番メニューをリーズナブルに提供している。内装の老朽化と世代交代をきっかけにリニューアルを決めた。

 店を10日間閉め、改装作業に取り組んだ。同店の宗野泰也シェフが壁や建具、柱を白く塗り直し、店外からも内装が伺えるよう什器のレイアウトを変えた。渋い色味の床材や腰板、天使をモチーフにした絵画が高級感を演出する。

 店舗面積は60坪。テーブル席36席、カウンター席5席のほか、パティオが見えるVIPルームを設ける。地域の人に親しまれ、ランチタイムには主婦層やビジネスマンが来店する。

 フードメニューは、日替わりメニュー3種類から選ぶメーン料理に、前菜3種やデザート2種などの5品が付く「スペシャルセット」(1,620円)、一番人気という「オムライスの赤ワインソース添え」(864円)、デミグラスベースの「ミートソース」(972円)、「ビーフステーキ」(1,620円)など55種類。料理は「オーナー(石原康江さん)こだわりのアンティーク食器」(宗野シェフ)に載せて提供する。

 昼下がりから夕方の利用を見込み、デザートメニューにも力を入れる。バラの形に盛り付ける「シャーベット(カシス・ストロベリー・ラフランス)」(410円)、「シェフのおまかせデザート」(540円)、「フレンチトースト(ゴージャス)」(918円)など11種類。

 宗野シェフは「すっきりと落ち着いた雰囲気になった。これを機に新規のお客さまにも来店してもらい、より地元に根付いた店にしていきたい。店名通り、気軽に足を運んでもらえれば」とほほ笑む。

 営業時間は11時30分~21時。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

山口東京理科大学で行われる「子ども向けプログラミング講座」受講生。第1期生の小中学生18人が月に一度、同大学へ通って授業を受ける。同実行委員会は、昨年8月から子ども向けのプログラミング教室を単発イベントとして行ってきた。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング