天気予報

22

12

みん経トピックス

特集

インタビュー2017-01-30

ワンストップサービスを強みに13年ぶりのガス業界新規参入 ガスライフ山口

宇部で活躍する事業者の思いを聞く「事業者インタビュー」。第18回は、2016年8月から営業開始した「ガスライフ山口」の波多野嵩三さん。事業の内容や思い描く今後の展開などについて聞いた。(聞き手/山口宇部経済新聞編集長 田辺久豊)

-宇部・山陽小野田エリアにガス会社が新規参入するのは13年ぶりだそうですね。

はい。弊社が同エリア内で27社目になります。ガス業界歴48年の父(博仁さん)が代表を務め、LPガス事業を行っています。LPガスの供給がメインですが、給排水などの水道工事や風呂やキッチンのリフォーム、床暖房なども行います。ご家庭やお店のライフラインの維持管理をワンストップで対応できることを強みに展開しています。

-ガスの供給だけではないのですね。御社のようなガス事業会社が水道工事なども対応するというのは珍しいのですか。

多くのガス会社は水道専門の部署を抱えていないことがほとんどです。外注する場合、どうしても緊急の対応が難しくなってしまうケースもありますが、弊社は水道工事専門の技術担当者がいますので、連絡をもらえればすぐに駆け付ける緊急対応が可能です。

-それは他社との差別化になりそうですね。メインとなるガス事業についてお聞きしたいのですが、後発参入として他社との違いをどう打ち出しているのですか。

弊社は「全てはお客様のために」というスローガンを掲げています。迅速で丁寧な対応はもちろんのこと、お客様が安心してご利用いただける価格で提供しております。また、一般住宅や会社、飲食店など、お客様それぞれのニーズにあったサービスプランをご提案させていただいています。

-前回の取材の際、「透明性のある価格設定」をされていると伺いましたが、具体的にはどういった内容ですか。

実はLPガスの原価は、原料である石油のコンタクトプライス(輸出国が毎月決定する輸出価格)や為替レートなどによって変動します。そこで弊社は、原価の変動に合わせて料金が変わる「変動プラン」も提供しています。LPガスの原価に合わせて料金が変動するので、お客さまにもご納得いただけるプランかと思います。

-ガソリンスタンドの金額が変動するようなイメージですね。ガス事業でもまだまだいろんなことができそうです。水道工事は専門の技術担当者がいるとお聞きましたが、どのようなことに対応できるのですか。

メインは補修工事です。例えば給湯給水やトイレの配管、台所の水漏れなどの補修で連絡が入ります。弊社でLPガスのご契約をいただいているお客さまには、出張料無料で工賃のみの費用で対応しています。

水回りには、蛇口内部の部品やトイレのパッキンなど摩耗しやすいパーツが多くありますから、これらの交換についても弊社のガスをご利用いただいているお客様には、無料で取り換えるサービスを行っています。ご要望があれば定期清掃もお受けしています。

-それはガスの利用客にとっては大きなメリットですね。緊急対応してもらえるのは有り難いですが、夜間や休日も休めないのではないですか。

LPガスを取り扱っている時点で、事業者は24時間体制の心積もりでいます。例えば火事が起きた場合にはガスを止めるなどの対応に行かなければなりません。遠方の場合は、緊急対応を委託業者にお願いすることも可能です。

-そうなのですね。話は変わりますが、異業種とのコラボに興味はおありですか。

新規出店する時、空き店舗を居抜きで使うケースが多くありますよね。そういった際に物件のご紹介をはじめ、厨房機器のご提供、水道・ガスのご提案など、全てのサポートをまとめて行うために不動産会社と連携するといいかなと思っています。 関東・関西の大手チェーン店にも言えることだと思います。

-先方にとっては見知らぬ土地でしょうから、そういったサービスは需要がありそうですね。そのほかには何かありますか。

新規顧客開拓に向けて、イベントスペースを借りた「フェス」などを考えています。話題の飲食店を集めて、料理をその場で提供するようなイベントです。出店者様にとっても弊社にとっても知名度アップの機会になりますし、もちろんご来場者にも楽しんでもらえると思います。

-食に限定したイベントですか。いいですね。

他にもやりたいことは沢山あるので、一つずつ実現していければと思っています。

-今後が楽しみです。本日は有り難うございました。

ありがとうございました。

ガスライフ山口(株式会社西日本ガスライフ)
山口県宇部市恩田町3丁目2-8
TEL:0836-43-7996

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

宇部の「ときわミュージアム 世界を旅する植物館」に植栽されたバオバブの木。約7メートル、重さ4.5トン。西畠さんが自ら探し出し、アフリカ・セネガルから直接輸送した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング