暮らす・働く

宇部市文化会館で「白鳥写真展」-ときわ公園の白鳥偲び開催

30年間ときわ公園の白鳥を撮り続けた永冨賢治さん

30年間ときわ公園の白鳥を撮り続けた永冨賢治さん

  •  

 宇部市文化会館(宇部市朝日町8)で7月15日、宇部・ときわ公園の白鳥を偲んでの回顧写真展が始まった。

同展で展示する作品

 30年ほど前からときわ公園の白鳥を撮り続けていた全日本写真連盟宇部新川支部・支部長の永冨賢治さんが主催する同展。これまでに撮影した1万5000点の白鳥の写真の中から、1986~2010年に撮影した65枚を展示する。

[広告]

 鳥インフルエンザの発生により、白鳥が殺処分された翌日に「白鳥の写真展を開催して白鳥の姿を伝えなければいけない」と同展開催を思い立った永冨さん。展示する写真は、四季折々の同公園の風景を背景に、遠足に来た園児と白鳥が向かい合う様子や、親子で優雅に泳ぐ姿、なかなか目にすることがない陸に上がった白鳥などの作品。「どの写真にも思い入れがあり、展示作品を決めるのに3カ月近くかかった」と永冨さん。

 永冨さんは「子どもたちがいて、白鳥がいてそれが当たり前だった。とても癒やされる大好きな風景だった。白鳥のことは決して忘れてはいけない」と話す。「白鳥の写真を見て懐かしんでもらえれば」とも。

 開催時間は10時~17時(ただし、最終日は16時)。

ピックアップ