食べる

宇部のSCに広島風お好み焼き店「ほりかわ」-すし店が新業態

広島風お好み焼き「ほりかわ」スタッフの皆さん

広島風お好み焼き「ほりかわ」スタッフの皆さん

  •  
  •  

 フジグラン宇部(宇部市明神町1)に10月13日、広島風お好み焼き店「ほりかわ」(TEL 0836-43-9292)がオープンした。

フジグラン宇部2階の同店

 店舗面積60坪、席数80席。広島、山口に回転ずし店「廻転しらき寿司」を5店舗展開する「しらき」(広島市西区)が新業態1号店としてオープン。お好み焼きは一つ一つを鉄板皿で提供し、ソースは山口でもメジャーな本場・広島の「オタフクソース」を使う。

[広告]

 同店のお好み焼きの特徴は「外と麺はぱりぱり、中はキャベツでふわふわ」(同社の堀川美穂さん)。キャベツを載せる工程では、オープン直前まで改良を重ねたというオリジナルブレンドのだしを加え、蒸し焼きにすることでうまみを引き出すという。ボリュームにも重点を置き、お好み焼きのメニューは卵2個を使う。

 メニューは、一番人気だという「ほりかわ焼き」(780円)や表面に載せたチーズをあぶって提供する「とろ~んと焼き」(930円)、通常の倍の豚肉やホルモン、目玉焼きを載せた「げんき焼き」(1,480円)などのお好み焼き8種類のほか、「ホタテバター」(580円)や「豚キムチ」「牛すじ煮込み」(以上550円)など鉄板メニューも用意する。

 広島在住の堀川さんの「おいしいお好み焼きを提供したい」という長年の思いから出店にこぎ着けた。「何十軒と広島のお好み焼き店を食べ歩いて研究し、『肉抜き』や『麺半玉』など細かい要望にも応えることができるようにした」と堀川さん。「テークアウトも可能なので買い物前にオーダーいただければ。今後は店舗展開も考えていければ」とも。

 営業時間は11時~21時。

  • はてなブックマークに追加