天気予報

12

5

みん経トピックス

山口に70万本のヒマワリ畑中原中也110周年記念展

宇部の寺で「みんにゃ食堂」 相席で多世代交流、195人が来場

宇部の寺で「みんにゃ食堂」 相席で多世代交流、195人が来場

西法寺に隣接する会館2階を会場に、食事を無料提供する

写真を拡大 地図を拡大

 宇部の「西法寺」(宇部市島2、TEL 0836-21-0014)で8月9日、食事を無料提供する「みんにゃ食堂」が開かれた。

食事と交流を楽しむ来場者の様子

 同寺や「かねこキッズクラブ」(常盤町2)など4者が主催し、7月1日に始まった取り組み。「多世代が集い、子どもたちが健やかに成長できる場所づくり」を目指し、地域住民に無料で食事や場所を提供する。

 来場者数は毎回100人を超え、4回目の開催となった当日は雨天ながらも195人が足を運んだ。来場者の年齢は0歳~84歳と幅広く、相席で初対面同士の会話も生まれ、一緒に食事のあいさつをしたり、お茶をつぎあったりと和気あいあいとした雰囲気が流れた。

 5歳の娘と初めて参加した安井京子さんは「大勢で食事をする機会はめったにないので、娘にとっても良い体験になればと参加した。スタッフの皆さんが親しみやすく接してくれて、娘が楽しそうに食事をする姿に安心した」と話す。

 同寺の斉藤淳理住職は「大勢が気兼ねなくワイワイと過ごす様子は大家族のよう。今日は中学生も手伝いに来てくれた。同じ思いを持つみんなで食堂を作り、みんなに喜んでもらえることがうれしい」と笑顔を見せる。

 かねこキッズクラブを運営する金子小児科の金子淳子院長は「地域で子育てしやすい環境をつくることで、保護者の負担を減らすことができれば。子どもたちには大人数で食事をする経験を楽しんでほしい」と期待を込める。「支援・協力者も増えてきたが、ここをモデルケースに市内各所で同様の取り組みが広がれば」とも。

 今後も第2・4水曜に開催予定で、次回は今月23日。開催時間は17時~19時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「寝太郎リレーマラソンin山陽オートレース場」の開催に向けて、準備を進める山陽商工会議所青年部のみなさん。真利憲太朗会長(後列左から2番目)は「地域資源を生かし、このまちの魅力を知ってもらいたい。新しい事業にも前向きに取り組み、挑戦し続けたい」と意気込む
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング