天気予報

15

6

みん経トピックス

宇部のエステ店が移転刷新宇部の居酒屋コンセプト刷新

美祢・美東の廃校でフェス「暮らしと音楽」 発起人は卒業生、物販や飲食出店も

美祢・美東の廃校でフェス「暮らしと音楽」 発起人は卒業生、物販や飲食出店も

写真左奥に見えるのが体育館、右が校舎(写真提供=美祢フィルム・コミッション)

写真を拡大 地図を拡大

 美祢・美東の旧鳳鳴小学校(美祢市美東町綾木)で10月28日、フェス「暮らしと音楽」が開催される。

会場となる木造平屋建ての旧鳳鳴小学校の内部

 2011年度末に閉校し、現在は地域交流センターとして利用されている同校。木造平屋建ての校舎と体育館を使い、音楽ライブや雑貨販売、飲食ブースを展開する。

 同イベントの発起人は、同校卒業生で現在は山口市在住の宮崎やすおさん。県内でライブイベントの企画などを手掛ける宮崎さんが「現在は地域交流センターとなっている母校をより多くの人に知ってもらい、訪れてもらいたい」と、故郷でのイベント開催を決めた。

 参加するアーティストは、「elephant」や「e.t.c」といった県内外でも活躍する地元バンドのほか、「LOSTAGE」(奈良)や「susquatch」(東京)、「オガサワラヒロユキ」さん(大阪)など、「廃校でのライブの雰囲気をより引き立てるアーティスト」(宮崎さん)が全国から集まる。

 出店するのは、「sonoda coffee」(美祢市大嶺町)や「Knot」(山口市米屋町)などの飲食店や、「レトロ古着屋PELL」などの服飾店、古本、雑貨、フラワーショップなど。美東の郷土料理を提供する予定の「鳳鳴やまさと会」と絵画展示を行う國木令子さんは同地区在住。

 宮崎さんは「廃校の持つ独特な懐かしさが魅力で、まるで大人の文化祭といった趣がある」と話す。「来場者には何よりも楽しんでもらえることを第一に考えているが、幅広いジャンルのアーティストや店舗が集まるので、このイベントで新たなつながりやアクションの生まれるきっかけになればうれしい」とも。

 開場時間は10時30分~21時30分予定。入場料は 3,500円(前売りは3,000円、小学生以下無料)。当日は、新山口駅と湯田温泉駅から会場までの予約制往復バスが出るほか、約130台分の駐車スペースを用意する。

 往復バスの予約、ライブチケット購入などについてはホームページで確認できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

宇部ときわ公園で開催される「星町マルシェ」。イベントタイトルには「85店それぞれの個性が、星のように光るマルシェにしたい」という思いを込めた。イベントは日中に開く。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング