食べる

宇部・船木の民家カフェ「クーラ」1周年 のどかな地域で「癒やし」提供

「みなさんのちょっとした癒やしの場所になっていければ」と樋口さん

「みなさんのちょっとした癒やしの場所になっていければ」と樋口さん

  •  
  •  

 宇部・船木の民家カフェ「FuguMoon Cafe クーラ」(TEL 0836-48-9124)が12月15日、1周年を迎えた。

広々としたダイニングルーム

 コンセプトは「ゆったり過ごせるコミュニティーカフェ」で、築50年ほどの民家1階に店舗を構える。店内は白やウッド調で統一したナチュラルな雰囲気で、面積は約30坪。和室や洋間を一部屋に改装したスペースと、カウンターキッチンのあるダイニングルームに、テーブル席20席を設け、店主・樋口あき子さんが手作りの料理を提供する。

[広告]

 メニューは、飲み物を合わせて約40種類。料理は、スパイス5種類を使って下ごしらえからこだわる「バターチキンカレー」、その時々でおかずが変わる全8品の「本日のワンプレート」(以上850円)、「クーラ特製うどん」(680円)をはじめ、セットメニューも用意する。

 スイーツは「ガトーショコラ」や「塩バナナケーキ」(以上400円)、「和風ミニパフェ」(350円)など8種類を手作りし、自家製シロップを使った「レモネード」や「カボス茶」、「梅スカッシュ」(以上300円)なども提供。女性客が時間を気にせず、ゆったりと滞在していくことが多いという。

 樋口さんは下関市に住む専業主婦だったが、「3人の子どもが結婚して自立した」ことから、2016年12月に宇部・万倉地区へ移住。同時期に友人から「器用さを生かしてカフェを開業してみては」と提案を受け、新たな挑戦としてカフェの出店に踏み切った。

 1周年を迎えて、「いろんな人に出合える楽しさと、日々の充実感がある」と樋口さん。「元々来客が多い家庭だったが、今はプロとしてもてなす責任を感じている。市街から離れた場所だからこそ、ひと息つきたい方に利用してもらえれば」とほほ笑む。今後はレンタルスペースとしての運用も検討している。

 営業時間は11時~16時。火曜・水曜・土曜ほか定休(12月の休みは17日・30日・31日)。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ