見る・遊ぶ

宇部ときわ公園でマルシェイベント「EAT UBE!2019」 約100店舗が出店

昨年行われた「EAT UBE!2018」の様子(写真提供=宇部市)

昨年行われた「EAT UBE!2018」の様子(写真提供=宇部市)

  •  
  •  

 マルシェイベント「EAT UBE!2019」が12月1日、宇部ときわ公園(宇部市則貞3)で開催される。主催は宇部市、共催は宇部観光コンベンション協会と山口県漁業協同組合宇部統括支店。

宇部産の農作物が並んだ昨年の様子

 昨年に続き2回目となる同イベント。昨年は約2万5000人が来場し、大盛況だったことから開催を望む声に応えて今年も開催する。「宇部を食べつくせ!」をキャッチコピーに、実店舗へ足を運ぶきっかけをつくることを目的に行う。

[広告]

 当日は、宇部産の農作物や魚、加工品などの販売を行う「TKWファーマーズマーケット」、宇部産食材などを使った地元飲食店などが出店する「宇部マルシェ」、ハンドメード・クラフト作家の雑貨販売やワークショップなどを行う「cher cher(シェルシェ)」の3つのマルシェを同時開催。約100店舗が出店する。

 マルシェのほか、共生社会ホストタウン大使のハローキティのステージ(11時、14時の2回)や写真撮影会(12時30分)、地元バンドによる演奏などのイベントも行われる。

 宇部市観光・グローバル推進課の木原大介さんは「今年は寒い時期の開催になったが、温かいものをたくさん用意しているのでぜひ遊びに来てもらいたい。UBEビエンナーレが開催されて園内の彫刻も入れ替わっており、夜には『TOKIWAファンタジア2019』のイルミネーションイベントもあるのでそちらも楽しんでもらいたい」と話す。

 開催時間は11時~16時。参加無料。問い合せは宇部市観光・グローバル推進課(TEL 0836-34-8353)まで。

  • はてなブックマークに追加