見る・遊ぶ

おのだサンパークで「親子で楽しむフェス」 冬休みの思い出づくりに

「イベントを通じて、子どもたちだけでなくお母さんも元気にできれば」と新野さん(右)

「イベントを通じて、子どもたちだけでなくお母さんも元気にできれば」と新野さん(右)

  •  
  •  

 親子向けのイベント「親子で楽しむフェスティバル」が12月21日、おのだサンパーク(山陽小野田市中川6)で始まった。

キャンディーBOX作りを楽しむ親子

 冬休みの思い出づくりや子どもの成長記録を作ることを目的に開く。小学生以下の子どもとその親を対象に、親子で参加できるワークショップや赤ちゃんの成長相談などを行う。主催は親子向けイベントの企画などを手掛ける「ありがとう魂」(山陽小野田市埴生)。

[広告]

 同SC内の2階大催事場を会場に、25日までは特別クリスマスワークショップとして「キーホルダーづくり」「キャンディーBOXづくり」などの体験型ワークショップを行う。参加費は800円(おのサンキッズクラブ会員は300円)。26日以降は、「竹炭でのブレスレット作り」などのワークショップを行う。

 このほか、25日から28日までは赤ちゃんの成長に関する相談コーナーを設け、育児や授乳に関する相談を受け付ける。最終日の29日には子どもが店長を務める「こども店長パンフェスタ」を実施。「メルシーベーカリー」(宇部市)や「HugHugCafe(ハグハグカフェ)」(山陽小野田市)のパンやコーヒー、お菓子などを販売する。

 ありがとう魂の新野めぐさんは「夏に同じ会場で行ったイベントは、3日間で約800人の親子が参加してくれて『すごく良かった』と好評を得た。会場のすぐ近くに赤ちゃん用品店もあり、買い物帰りのお母さんが気軽に寄れるような場所になっていると思う。子どもたちがイベントに参加する姿を写真に撮ってもらい、成長を保護者の方と一緒に見守ることができれば」と話す。

 開催時間は10時~17時。12月29日まで。問い合わせは新野さん(TEL 080-6307-2125)まで。