暮らす・働く

宇部・小串に「子ども食堂」 人材派遣会社「ホットスタッフ」が運営

「ホットスタッフ子ども食堂 新川クラス」の外観

「ホットスタッフ子ども食堂 新川クラス」の外観

  • 11

  •  

 「ホットスタッフ子ども食堂 新川クラス」(宇部市南小串1)が6月15日、宇部にオープンした。

当日の様子

[広告]

 場所は渡辺翁記念会館前の交差点角で、人材派遣会社「ホットスタッフグループ」(愛知県岡崎市)が運営。「笑顔あふれる豊かな社会」を目指して社会貢献活動に取り組んでいる同社が、両親が共働きで忙しく子ども1人で食事を取る家庭など、さまざまな事情を抱える子どもたちや家族のために、食事や居場所を無料で提供する。

 ホットスタッフ山口、宇部などの拠点が、県内各地の団体に子ども食堂を開くための支援活動を行うNPO法人「山口せわやきネットワーク」(山口市)と連携し、開設にこぎ着けた。ホットスタッフ宇部の吉本英輝支社長は「子どもたちが日常的に利用できる常設の子ども食堂を作ろうと半年前から準備を進めてきた。子どもたちに温かいご飯をおなかいっぱい食べてもらいたい。まずは新川クラスを知ってもらい、この輪が広がってクラスが増えていけば」と話す。

 対象は小学生以下の子どもがいる家庭。現在は週に1回開き、テイクアウトで料理を提供している(要事前予約)。7月中にはイートインも可能にし、今後は開く回数を増やしていくという。開店日は公式インスタグラムで告知するほか、店前に旗を設置して目印にする。時間は17時~19時。

 調理は弁当販売&レストラン「たきべん」(宇部市野原1)の瀧口晶さんが担当し、化学調味料無添加の料理を提供する。

 同日はカレーを200食分用意し、子どもとその保護者向けに無料配布を行った。今月初旬にインスタグラムでの告知や新川小学校へのチラシ配布などを行い、2日ほどで予約が埋まったという。

 ホットスタッフ山口グループの師岡満代表は「地域密着をモットーにしているので、家族だんらんで食卓を囲む環境のお手伝いやきっかけになれたら。今は予約制だが、将来的には子どもが1人でもいつでも安心して立ち寄ることができる場所にしたい」と話す。

 次回は6月23日に開く。200食のハッシュドポーク(ハヤシライス)を無料配布する。ウェブ予約は18日まで受け付ける。問い合わせはホットスタッフ宇部(TEL 0836-39-6801)まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース