天気予報

33

25

みん経トピックス

宇部で切り絵作品展山陽小野田の雑貨店7周年

宇部で「ビジネスアイデアソン」 異業種コラボ実現目指し意見交換

宇部で「ビジネスアイデアソン」 異業種コラボ実現目指し意見交換

2015年9月に行った「宇部ビジネス交配会」の様子

写真を拡大 地図を拡大

 シルバーふれあいセンター(宇部市琴芝町2)で1月30日、異業種コラボレーションを目的としたイベント「ビジネスアイデアソン」が開催される。主催は山口宇部経済新聞(以下、宇部経)。

 昨年8月、宇部地域の新ビジネス創出を目指し発足した「山口宇部わくわくコラボ創造プロジェクト」の一環。同9月と11月には異業種コラボセミナー「宇部ビジネス交配会」を開き、これまでに宇部エリアで開いた同交配会には延べ約60人が参加した。

 ビジネスアイデアソンは、参加者がエントリー時にコラボしたいテーマを選んで申し込む。テーマは、「コラボしての新商品・新サービス開発」「コラボでイベント開催」「首都圏進出に向けて」「新市場づくり」「地域活性化」など。

 当日は、山口を拠点にビジネスマッチング支援を手掛けるコンサル会社「やまぐち総合研究所」の中村伸一所長を講師に招き、コラボの実例や実現するための考え方などを学ぶ。講義後、同じテーマでコラボしたい参加者同士がグループを作り、コラボ実現に向けてアイデアを出し合う。

 このほか、アイデアを発表する「中間発表タイム」を設け、参加者同士の意見交換会を開く。実現したコラボ案は、3月15日に開く事例発表会で詳細を披露する。

 田辺久豊宇部経編集長は「これまで行ったビジネス交配会では参加者同士が盛り上がり、コラボに向けた足掛かりを作ることができたように思う。今回のビジネスアイデアソンでは実現に向けてさらに具体的な意見交換をしてもらい、新ビジネスの創出につなげてもらいたい」と話す。

 開催時間は13時~17時。定員20人。参加無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

久保田后子宇部市長と和やかに話す宇部出身のフリーデザイナー・大田舞さん。大田さんは現在、マリメッコのニット製品のデザインをはじめ、デザインの仕事を幅広く手掛けている。表敬訪問したこの日は、久保田市長に近況を報告。ときわ公園で行われているデジタルアートイベント「呼応する森」や、宇部市のゆるキャラ「チョーコクン」が話題に上がる場面も。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング