暮らす・働く

改装前の結婚式場・聖堂で撮影イベント-非日常的なシーンを撮影

大聖堂のステンドグラスにカメラをむける参加者

大聖堂のステンドグラスにカメラをむける参加者

  •  
  •  

 宇部・神原の結婚式場「セント ポールズパーク ヴェルジェ」(宇部市神原町2)で5月23日、写真撮影会「撮ってもイイんです」が開催された。

写真撮影を楽しむ参加者

 9月のリニューアルオープンに向けて改装工事が始まる同館。カメラマンアシスタントとして働く高井智子さんが「内装が変わってしまう前に撮影してみたい」と企画。普段は一般撮影禁止だが、高井さんの熱い思いを受けた河上正吾支配人の好意で大聖堂や披露宴会場、ロビーなどの撮影が許可された。

[広告]

 同イベントは今月15日に始まった「宇部探検博覧会(うべ探)」のプログラムの一つとして開催。大聖堂での撮影ではステンドグラスを通して入る光の美しさに歓声が上がり、参加者は独特な雰囲気の中での撮影を楽しんだ。

 同イベントには、写真が好きな15人が参加。参加した40代女性は「普段は撮影することができない非日常的なロケーション。『光と影』をテーマに思う存分に撮影できた」と話した。

 高井さんは「以前から撮影したいと思っていた場所だったのでカメラを構えながらもわくわくしていた。みなさんに楽しんでもらえたようなので企画をしてよかった」と笑顔を見せた。

  • はてなブックマークに追加