食べる

宇部のドッグカフェが3周年-家庭的な雰囲気で来店500匹超える

「生活の中に犬がいなかったことはない」と話す同店オーナーの藤原裕子さん

「生活の中に犬がいなかったことはない」と話す同店オーナーの藤原裕子さん

  •  
  •  

 宇部・中村のドッグカフェ「プチカフェ アンジュラ」(宇部市中村2、TEL 0836-31-5747)が9月9日、オープンから3周年を迎える。

「人懐っこい」3匹のスタッフ犬

 オーナーの藤原裕子さんの犬好きが高じ2008年にオープンした同店。自宅1階を改装した14席の店内には猫2匹と犬3匹がおり、スタッフとして出迎える。

[広告]

 同店のコンセプトは、「犬好きならば誰でも気軽に入れるドッグカフェ」。ドッグカフェは犬を連れている人しか利用できないというイメージを覆し、ペット同伴でなくても利用できるのが特徴。これまでの利用客は半数以上がペット同伴ではなく、犬や猫と触れ合うことを求めている人が多いという。3年間で来店した犬の数は500匹を超えた。

 家庭的な料理を味わってほしいと手作りで作るメニューは、日替わりランチ「姫ランチ」(750円)、「季節のパスタ」(800円)、3日間煮込んだカレーを使った「焼きカレー」(800円)のほか、「手作りプチパン」(100円)、「ケーキプレート」(800円)、アイスクリームにフルーツを添えたデザートプレート「姫ちゃんスペシャル」(500円)など約20種類を用意。

 ドリンクメニューは「ホットコーヒー」(400円)、自家製の「ミルクセーキ」(500円)など約20種類を豊富に取りそろえるほか、ペット向けのメニューは糖分などを抑えた手作りの「わんクッキー」(1枚50円)と「やぎミルク」(300円)を用意する。

 「大好きなペットと過ごしたくて15年ほど前から思い描いていて開業したが『宇部初』の形態ということもあり浸透するのに時間がかかった」と振り返る藤原さん。「口コミで広まり、おかげさまで3周年を迎えることができた」とも。「今後は店内にトリミングのスペースを設けたい。これからもペットと過ごせる癒やしの空間を提供し続けたい」と笑顔で話す。

 3周年を記念し9月9日~30日、同店特製の「プチパン」を進呈する。

 営業時間は11時~18時(金曜・土曜は20時まで)。水曜・木曜定休。

  • はてなブックマークに追加