食べる

宇部・琴芝に豆腐と湯葉専門店「ひので家」-県産大豆使う商品も

「幻の豆腐」は毎日オープンに合わせて出来立てを提供する

「幻の豆腐」は毎日オープンに合わせて出来立てを提供する

  •  
  •  

 宇部のスーパー「アルク琴芝店」(宇部市西琴芝町1)内に3月15日、豆腐・湯葉専門店「ひので家」(TEL 0836-21-6550)がオープンした。

豆腐コロッケや豆乳かまぼこも販売する

 熊本県宇城市に本社を置く「日の出屋」が、九州を中心に52店舗を展開する同店。県内では下松、防府に続く3店舗目となる。

[広告]

 店舗面積は約15坪。熊本県産の大豆を使った豆腐のほか、地産地消に特化し店舗がある各県の大豆と水を使った豆腐を製造・販売する同店。「濃い大豆の味わいと甘味のある豆腐」が特徴で、熊本から直送しているという豆腐を使った加工品や総菜もそろえる。

 商品は、山口県産の大豆を使用した「幻の豆腐」(250円)、熊本産の木綿豆腐(140円)や「シソ豆腐」(200円)、「豆腐の野菜天」(100円)、「豆腐魚ロッケ」(70円)、「生湯葉」(300円)のほか、「豆乳プリン」「豆乳わらび餅」といったスイーツ類など約50種類。価格帯は70~350円で、客単価は500円前後を見込む。

 同社の瀬戸良尚社長は「昔ながらの豆腐の製法にこだわって作っている。シーズンによって商品も変わるが、これから夏にかけては佐賀・長崎の郷土料理の『ごどうふ』や落花生豆腐などを並べる予定。今後は山口県内でも新規出店を進めたい」と意欲を見せる。

 営業時間は9時30分~20時。

  • はてなブックマークに追加