宇部・山陽小野田の酒販店「リカースペース太陽」で職場体験-小中学生が参加

「リカースペース太陽」での職場体験

「リカースペース太陽」での職場体験

  •  
  •  

 春休み中の期間を利用して、宇部・山陽小野田を中心に展開する酒販店「リカースペース太陽」(本社=山陽小野田市平成)が4月7日、小中学生を対象とした職場体験を行った。

真剣な表情を見せる職場体験中の子どもたち

 子どもたちの就業への興味・関心の向上を目的に、地域貢献の一環として6年前から実施している同取り組み。1店舗につき、小学4年生から中学3年生までの児童・生徒を対象に4人限定で募集し、全店で15人が参加した。

[広告]

 実施店舗は厚南2号店、川添店、神原店、東岐波店、宮野店、大内店、平川店の7店舗。子どもたちは8時45分から行う朝礼にも参加。開店準備や商品の補充・前出し、清掃のほか実際にレジ操作を行うなど従業員と同じ業務内容を体験し、約3時間の「勤務」を終えた。

 厚南2号店(宇部市妻崎開作)には3人が参加。黒石小4年の内山鈴菜さんは「休憩が必要ないぐらい楽しかった。酒屋さんに来たのは初めてだがワインの種類の多さにびっくりした」と話す。

 原小4年の藤井瑠華さんは「新しい商品は後ろに置くことを初めて知った。普段は体験できないことができたが働くことは大変だと思った」。黒石小3年の汐さき(=崎の大が立)愛七さんは「お客さんと接する時がどきどきした。また参加してみたい」と笑顔を見せた。

 厚南2号店店長の勝原秀智さんは「子どもたちは非常に興味津々の様子で真剣に取り組んでくれた。今回の体験でどんなことに気をつければいいかや、ルールに従って作業を進めなくてはいけないことを覚えてもらえれば」と話す。

 同店では今後も地域の子どもを対象としたイベントを行っていく予定。

  • はてなブックマークに追加