食べる

山陽小野田のホテルが「お豆腐そふとくりーむ」-逆さでも落ちないアイス、話題に

逆さにしても落ちない「お豆腐そふとくりーむ」写真提供=ナチュラルグリーンパークホテル

逆さにしても落ちない「お豆腐そふとくりーむ」写真提供=ナチュラルグリーンパークホテル

  •  
  •  

 山陽小野田の「ナチュラルグリーンパークホテル」(山陽小野田市千崎、TEL 0836-84-2323)がレストランで提供しているスイーツ「お豆腐そふとくりーむ」が話題を呼んでいる。

スタッフ・林田さんのおすすめは「しょうゆ+玄米パフ+きなこ」

 「健康」をコンセプトにする同ホテルが「日常で不足気味」な豆を使った健康志向のスイーツとして開発。7月初旬から提供を始めたところ、スイーツながら豆腐の風味があり、逆さまにしてもアイスが落ちないことから利用客を中心に口コミで広がっている。

[広告]

 提供しているのは、トッピングなしの「スタンダード」(350円)や「黒蜜+レンズ豆+シナモンパウダー」「しょうゆ+玄米パフ+きなこ」(以上420円)と、トッピングが毎週変わる「週替わり」(450円)の4種類。土曜・日曜・月曜限定。3日で約50食分を用意する。

 県産の豆腐をミキサーにかけ、水あめとごま油で滑らかさととろみを付けた。開発期間は1カ月。「牛乳・生クリームや卵などの動物性の素材や白砂糖を使っていないので、どうやってソフトクリームの滑らかさに近づけるかが課題だった」と開発を手掛けたパティシエの末富恵さん。「やるならアレルギーを持つお子さまにも食べていただけるようにしたかった」とも。

 味わいは「豆腐の濃厚な風味が広がりさっぱりとした後味」で、しばらく時間を置いても溶けないことが特徴。

 同ホテル料飲部の林田亜希子さんは、「7月1日に迎えた当ホテル5周年記念の一環として、体に優しくおいしいスイーツ。おすすめは、しょうゆのトッピング。ナチュラルらしさが出ていると思うので、ご賞味いただければ」と笑顔を見せる。

 提供時間は10時~18時。今月30日まで。

  • はてなブックマークに追加