食べる

宇部のレトロ居酒屋「泉屋」がランチ営業-目玉は「クジラ膳」

泉屋が提供するランチメニュー「クジラ膳」

泉屋が提供するランチメニュー「クジラ膳」

  •  

 宇部・中央の居酒屋「泉屋 新川店」(宇部市中央町1、TEL 0836-39-6877)が4月17日、ランチタイムの営業を始めた。

クジラの赤身や腸、皮を使った「クジラ膳」

 レトロなちょうちん照明や昭和の商品看板などを店内に並べ、「昭和レトロ」をコンセプトに昨年9月にオープンした同店。新潟・魚沼産の健康豚を使ったホルモン焼き肉やしゃぶしゃぶをメーンに提供してきた。

[広告]

 ランチタイムに提供するのは、魚か肉のメーンと小鉢やサラダ、ご飯と豚汁が付く「日替わりランチ」(700円)と、同店の売りの健康豚を使ったしょうが焼きをメーンに、旬の刺身や創作小鉢、ご飯、豚汁などが付く「昼膳」(1,000円)。小鉢は旬の野菜をふんだんに使った煮物やあえ物などヘルシー志向で提供する。

 目玉として、クジラ料理5品を付けた「クジラ膳」(2,000円、予約制)も用意する。クジラ赤身の刺身や竜田揚げ、皮の煮物、百ひろ(小腸)の炒め物やベーコンの酢の物などのほか、3種を載せた小鉢や茶わん蒸し、ご飯と豚汁にコーヒーとデザートが付く。

 「昭和レトロをキーワードにランチメニューを考えた時に、クジラ料理がすぐに浮かんできた。今では食べる機会もなかなかないが、世代によっては新しくも懐かしくも感じていただけるのでは」と同店店長で料理長の松田泰徳さん。

 「通りから1本入った当店の場所は分かりづらいかもしれないが、その分お越しいただいたお客さまには少しでもボリュームとお得感のあるものを提供していきたい。ディナータイムの集客にもつなげることができれば」とも。

 営業時間は11時~14時、18時~22時。日曜定休(祝前日は営業)。