食べる

宇部に馬肉料理居酒屋「遊馬」-ルネサス退職後に共同開業、馬肉は熊本直送

「ヘルシーな馬肉の魅力を伝えたい」と有村さん(中左)と田中さん(中右)

「ヘルシーな馬肉の魅力を伝えたい」と有村さん(中左)と田中さん(中右)

  •  
  •  

 宇部・新川に8月18日、馬肉料理を専門にした居酒屋「馬肉料理 酒処 遊馬」(宇部市上町1、TEL 0836-39-8181)がオープンした。

馬肉料理専門居酒屋「遊馬」の外観

 宇部記念病院向かいのビル1階にオープンした同店。店舗面積は約20坪。黒と白を基調にシンプルにまとめた店内にカウンター6席、テーブル席16席、8人まで利用できる個室を設ける。熊本から産地直送で仕入れる馬肉をメーンに提供する。

[広告]

 同店を開いたのは、経営不振に陥った大手半導体メーカー「ルネサスエレクトロニクス」の山口工場売却・閉鎖の波紋を受け、2年ほど前に早期退職した有村隆さんと田中祐樹さん。在職中から親交のある先輩・後輩の間柄だったことから共に開いた。

 きっかけについて「開業を決めた時、前職で3年間赴任していた熊本で馬肉料理を好んで食べていたことを思い出し、宇部に馬肉料理をメーンにする店がないことからも『これだ』と決めた」と有村さん。有村さんは接客に専念し、田中さんが厨房(ちゅうぼう)を担当する。

 メニューは、「特選馬刺し盛り合わせ5点盛り」と焼き肉スタイルで食べる「特選焼き盛り合わせ」(以上2,000円、価格は今秋ごろまで)をメーンに「煮込みホルモン」(800円)や「せき髄の天ぷら」(700円)、「ハツモトの空揚げ」(650円)、「馬肉ジャーキー」(500円)など30種類を用意。野菜は宇部産のものを提供する。

 アルコール類は、ビール(500円)や焼酎(450円~)、日本酒(500円~)、ワイン(400円~)など約80種類をそろえる。客単価は5,000円前後を見込む。

 「馬肉は味わうほどに甘く、タンパク質が豊富でカロリーは牛・豚の半分以下ととてもヘルシー。日によって希少部位も提供していくが、まずはおいしさを知ってもらいたい」と有村さん。

 田中さんは「これまでとは全く違う業界に飛び込み不安とプレッシャーもあるが、店名にあるように楽しく遊び心を持って、2人で苦楽を共にしてまい進していきたい」と意気込む。

 営業時間は18時~23時(金曜・土曜・祝日前日は24時まで)。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ