食べる

宇部の食堂「ばんちゃ屋」が巨大バーガー 直径20センチ、人気のチキンカツ挟む

「びっくりチキンカツバーガー」を手ににやりと笑みを見せる大迫店長

「びっくりチキンカツバーガー」を手ににやりと笑みを見せる大迫店長

  •  

 宇部の大衆食堂「ばんちゃ屋」(宇部市中村3、TEL 0836-22-5193)が4月22日、巨大バーガー「びっくりチキンカツバーガー」の提供を始めた。

通常サイズとの比較はこちら

 同店の人気メニュー「チキンカツ定食」のチキンカツ2人前を挟む同バーガーは、重量1.1キロで直径20センチ。レタスとキャベツを挟み、バンズにはバターとマスタード、マヨネーズを塗って提供する。価格は1,890円。1日5食限定。

[広告]

 「新しい目玉メニューを」と、同店店長の大迫信作さんが昨夏から構想をしたためた。バンズは市内島のパン店「ケァンベル」(宇部市島3)とコラボして「柔らかく厚みと食べ応えがあるパン」を使い、インパクトを重視して作り上げた。

 大迫さんは「一人では絶対に食べきれないだろうと、挑戦状のような気持ちで提供を始めたが、大型連休中には思いのほか注文があり好評。数人のグループでシェアをして食べる方が多いが、一人で完食した人はまだ」とにやり。

 提供時には「周りのお客さまも大きさに驚いて写真を撮るほど注目を集める」という同バーガー。注文後にフェイスブックやツイッターなどのSNSに投稿し、店員が確認すると100円引きにするサービス「SNS拡散割」も行う。

 同バーガーのほか、ノーマルサイズの「ばんチキバーガー」(220グラム、399円)とチキンカツを2枚にした「ばんチキバーガーダブル」(540円)の2種類も提供。テークアウトもできる。

 大迫店長は「当店のモットーの『安くて早くておいしい』のはもちろん、遊び心も大切にしたい。このバーガーを起爆剤に新しいメニューや店作りなど、次の展開も視野に入れていければ」と意気込む。

 営業時間は11時~21時。火曜定休。

ピックアップ

ピックアップ