天気予報

12

4

みん経トピックス

美祢にカフェ併設の古道具店宇部に地元産鮮魚扱う料理店

宇部の食堂に新メニュー「女子つけ麺」 カルボナーラ味のつけ麺

  • 0
宇部の食堂に新メニュー「女子つけ麺」 カルボナーラ味のつけ麺

「ぜひ女性に食べてもらいたい」と笑顔を見せるいっぺいちゃん

写真を拡大 地図を拡大

 宇部の食堂「いっぺい堂」(宇部市居能町2、TEL 0836-31-2738)が6月、新メニュー「女子つけ麺」の販売を始めた。

味わいはカルボナーラそのもの

 別名「カルボナーラつけ麺」の同メニュー。店長の「いっぺいちゃん」は「男性客が多い中、女性にも来店いただけるようなメニューを提供しようと開発した。当店の20代女性のお客さまにアイデアを求め、誰もが好きなチーズとヘルシーな女性趣向を織り交ぜた」と話す。

 麺は細麺を使う。盛り付けた麺の上にチーズソースをトッピングし、つけ汁はチーズをベースにした濃厚なものに仕上げる。別皿にトマトと小松菜、コーンとポークステーキを盛り付けて提供する。価格は790円。

 「たっぷりのチーズや野菜を盛り込む中で、どれだけ気軽に食べてもらいやすい価格に近づけるかが最大の難関だった」といっぺいちゃん。「味わいはカルボナーラそのもの。つけ麺とイタリアンの味わいを融合させることについに成功した」と笑顔を見せる。

 「麺の量は、一般的なつけ麺よりも少ない150グラムにした」とも。食べ終わった後は「チーズリゾット」が楽しめるよう「ご飯」(150円)も用意する。「メニュー名には『女性に食べてほしい』との思いを込めた」(いっぺいちゃん)というが、男性も注文できる。

 今春から新メニューの開発に積極的に取り組んでいるという同店。「5月から始めたポテトも好評。新たなメニューを目当てに新たなお客さまを呼び込みたい」と意気込む。

 「女子つけ麺」は、女性からの紹介で注文した女性客と、SNSに写真付きで投稿した利用客を対象に「SNS割」として200円引きで提供する。自己申告制。

 営業時間は11時~14時、17時30分~20時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

市原隼人さんが舞台あいさつで来宇し、渡辺一志監督と撮影エピソードなどを和やかに話した。市原さんは握手を求める来場者にも笑顔で対応。来場者は「想像以上に小顔で驚いた」「楽しかった」「宇部市民でよかった」と大興奮の様子だった。山口県で先行上映する劇場は「宇部シネマ・スクエア7」のみ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング