買う

山口きらら博記念公園で「ハンドメイドマーケット」 県内最大規模のクラフトイベント

「さまざまなハンドメード品を楽しんで」と孝介さん

「さまざまなハンドメード品を楽しんで」と孝介さん

  •  

 山口きらら博記念公園(山口市阿知須)で4月7日・8日、大規模なハンドメードイベント「山口きららハンドメイドマーケット」が開かれる。

平野さん夫妻が制作・販売する布製品

 主催するのは、「Citrus Made(シトラスメイド)」(宇部市神原町1)の平野孝介さん・博子さん夫妻。2日間で全国各地から「手作り・手仕事作家」約280店が集い、商品の販売やワークショップを行う。

[広告]

 地元・山口県で大規模なハンドメードイベントがないことから、同イベントを企画した平野夫妻。「県内最大級の規模で開催することで、商品のバリエーションが増えて、県内外からの多くの出店・来場も見込める。来場者には幅広いハンドメードの魅力に触れてもらいたい。県外の人には山口県の良さも楽しんでほしい」と孝介さん。

 当日は、きららドーム内のフィールド半面に商品販売で約200ブース、ワークショップで12ブースを設置する。アクセサリーやインテリア雑貨、洋服、レザークラフト、木工製品、ガラス小物、似顔絵など多種多様の手作り商品が並ぶほか、整体やヒーリングといったサービスも出店する。

 屋外には飲食品の販売で15ブースが並ぶ。焼き菓子やサンドイッチ、カレー、総菜などのほか、ピザやたこ焼き、パンなどのキッチンカーも登場する。

 2日間の目標来場者数は1万人。孝介さんは「生活で使うあらゆるものがそろうので、ゆっくりと楽しんでもらえそう。珍しい物もたくさんあると思うので、多くの人に来場してもらいたい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時。入場無料。当日は先着1000人に、会場内で使える「商品券」が当たるクジを進呈する。問い合わせは同店(TEL 070-5087-1178)まで。