見る・遊ぶ

「山口きずな音楽祭」にボーカルグループ「ル ヴェルヴェッツ」 市民と共演も

「ル ヴェルヴェッツ」の佐賀龍彦さん(左)と日野真一郎さん

「ル ヴェルヴェッツ」の佐賀龍彦さん(左)と日野真一郎さん

  •  

 12月25日に山口市民会館で開催される「山口きずな音楽祭」に、ボーカルグループ「LE VELVETS(ル ヴェルヴェッツ)」が出演する。

「ル ヴェルヴェッツ」のメンバーのみなさん

 山口市は、「12月、山口市はクリスマス市になる」をキャッチコピーに1カ月間にわたって多彩なイベントを展開。瑠璃光寺の五重塔のライトアップや雪舟庭のイルミネーションなどのほか、雑貨やグルメが一堂に会する「やまぐちクリスマスマーケット」など、クリスマスにちなんだイベントが開かれる。

[広告]

 同音楽祭は今回で10回目、「ル ヴェルヴェッツ」の出演は5回目を迎える。市民参加型のコンサートとして、ステージで共演する「クリスマス市民クワイア」を募集するなど、出演者と市民の距離感が近いのも魅力の一つ。

 11月13日には、市内で行われたワークショップに合わせてメンバーの日野真一郎さんと佐野龍彦さんが来県。今年、グループ結成10周年を迎え「イベントも僕たちも節目の年。携わることができてとても縁を感じる」と佐野さん。

 日野さんは「地元の方々が温かく迎えてくださり、うれしい。世代を超えて一つのものを表現する市民の皆さんとのステージが楽しみ。全員で歌う『きずな』という曲は感極まって歌えなくなってしまうほどに思いが込み上げる。今年も会場の皆さんとの絆を大切にしたい」と笑顔を見せる。

 当日は、クリスマスソングや地元にちなんだ歌を披露するほか、「きずな」など3曲を「クリスマス市民クワイア」と共演する。

 佐野さんは「この音楽祭を通して、絆の和を広げていきたい。僕たちの歌で山口市の魅力も伝えていきたい」と意気込む。

 開催時間は18時30分~。チケットはS席=5,500円、A席=4,500円(前売りはS席=5,000円、A席=4,000円)。