見る・遊ぶ

宇部ときわ公園で初の「スワンボートレース大会」 親子ペアでタイム競う

常盤湖にある「スワンボート」を活用

常盤湖にある「スワンボート」を活用

  •  
  •  

 レジャー用の足こぎ式ボートでタイムを競うイベント「第1回 親子スワンボートレース大会」が5月12日、宇部ときわ公園(宇部市則貞3)の常盤湖で開かれる。

 スワンボートを通じて家族や友人の絆を深めることや、ときわ公園の活性化につなげていくことを目的に、宇部観光コンベンション協会や地元企業などが実行委員会を結成して初めて開く。

[広告]

 参加対象は小学生と保護者(父母または祖父母)の2人1組。ピンク色のネッシー型のボートに2人で乗り、直線約100メートルのタイムを競う。参加費は1組2,000円。

 申し込みの定員は先着40組。優勝者には山口宇部-羽田空港間のJAL往復航空券1人分を贈呈するほか、上位入賞者には市内協賛事業者が提供する賞品を贈呈。参加賞として、ときわ遊園地の乗り物券を全員に進呈する。

 実行委員長を務める小林信也さん(JAL山口支店長)は「ときわ公園は宇部市民の皆さまが全国に誇れる公園だと思っている。今回常盤湖の湖面を使うという新たなイベントを企画したが、市民の皆さんとわれわれとでこの大会を育んでいき、将来的にはスワンボートレースの全国大会を開催できるように推進していきたい」と話す。

 レース開始は11時。参加申し込みは公式サイトの申し込みフォームで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ