食べる

山陽小野田に「餃子の福原」 萩のブランド豚・牛、素材にこだわり安心を提供

テークアウトのギョーザ専門店「餃子の福原」の外観

テークアウトのギョーザ専門店「餃子の福原」の外観

  •  
  •  

 テークアウトのギョーザ専門店「餃子(ギョーザ)の福原」(山陽小野田市日の出3、TEL 0836-55-5878)が1月24日、JR小野田駅ほど近くにオープンした。

香ばしく焼き上げた「萩むつみ豚餃子」

 2016(平成28)年から営業するダイニング居酒屋「Dining HARAYA(ハラヤ)」が、新たな業態として同所1階に出店。店内で手作りするギョーザをテークアウトのみで販売する。

[広告]

 提供するのは、萩産のブランド豚「むつみ豚」とブランド牛「長萩(ちょうしゅう)和牛」を100%使ったギョーザ。青森県田子町産のニンニクや季節ごとに産地を変えて仕入れるキャベツなど素材にこだわり、「安心して食べられるギョーザ」をコンセプトにする。

 店主の福原康孝さんは「中食需要の高まりを受けて、テークアウトに特化した業態をと考えてきた。山口県のおいしい肉を使って地元を代表するものにしたいという思いで『こだわりのギョーザ』にした」と話す。

 メニューは、「萩むつみ豚餃子」(12個入り、800円)のほか、煮込んだ牛すじスープと合わせる「長萩和牛スープ餃子」、チーズを入れた濃厚スープに黒トリュフをトッピングして高級感を出した「トリュフ薫るフレンチ餃子」の3種類。「長萩和牛スープ餃子」は2月中旬、「トリュフ薫るフレンチ餃子」は3月中旬から提供を始める。

 「食感や味わいのバランスなど、昨年5月から試行錯誤を何度も繰り返した」と福原さん。「『ハラヤ』がそうであるように、お祝いの席や自分へのご褒美など少し特別な喜びの場面で利用してもらえたら」とも。

 営業時間は11時~16時(16時以降は予約制で2階のダイニングハラヤでも販売)。

SmartNews Awards 2019