食べる

宇部・新川に居酒屋「楽楽」が移転 地魚や地酒提供、ランチ営業も

JR宇部新川駅近くに移転オープンした「楽楽」

JR宇部新川駅近くに移転オープンした「楽楽」

  • 6

  •  

 宇部・新川に「楽楽(らくらく)」(宇部市松島町、TEL 0836-48-0032)が10月20日、移転オープンした。

刺し身の盛り合わせ

 2003(平成15)年5月から厚南で営業してきた同店。場所は沖縄料理居酒屋「美(ちゅ)ら味」跡で、店舗面積は約10坪。カウンター5席、テーブル8席を設け、客席があった店内奥に新しく壁を取り付けて厨房(ちゅうぼう)を設置した。

[広告]

 店主の竹田修二さんは「店舗を小さくすることでお客さんにもっと寄り添ったより良いサービスを提供したいと考えた」と移転の理由について話す。

 移転後からランチ営業も開始。ランチで提供するメニューは、メイン料理、ご飯、みそ汁などが付いた「日替わり定食」(800円)のみ。夜は仙崎産や萩産などの地魚を使った魚料理をメインに「他の店にはあまりないような魚や日本酒」を提供する。

 提供する日本酒は全て純米酒で、生もと造りで仕込んだ「カネナカ」や女性でも飲みやすく人気という「中島屋 純吟」などの山口県の地酒から、他県の地酒も豊富にそろえる。そのほか、ビールやサワー、焼酎なども用意する。

 竹田さんは「移転してからは厚南の時からのお客さんや、地元の方もリピートしてくれている。店は生涯続けていきたい。おいしい地魚や地酒を提供しているのでたくさんの方に来店いただけたら」とも。

 営業時間は11時~14時、17時30分~23時。(ランチは火曜~土曜)。月曜、第2・3日曜定休。